ダイエットは食事制限なしで筋トレだけしてもできる?必要な人とそうでない人の違いやサプリの勧め

土日の休日になると、早朝から黙々とジョギングをしている人が増えてきました。
健康増進を目的にしている人もいますが、ダイエット目的で走っいる人もたくさんいます。

 

一定時間身体を動かすことで、体内に蓄積されている脂肪を燃焼させて、ダイエットをするのです。
これは有酸素運動と呼ばれる運動ですが、ダイエットには、大変効果的な方法と言われています。

 

しかし、痩せること、即ちダイエットする方法は、他にもあることから自分の好みや生活スタイルに合わせたダイエット法を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

ダイエットは食事制限なしで筋トレだけしてもできる?

脂肪を燃やすことがダイエットの原理ならば、必ずしも、有酸素運動だけが痩せる方法ではありません。
筋力トレーニングも、脂肪を燃やしてくれる有効な手立てなので、多くの人がスボーツジムに通っています。

以前は、筋トレはダイエットには効果なしと言われていました。
しかし、最近はその考え方が覆り、高いダイエット効果があるとされています。
それは筋トレにより、筋力が上がることで、脂肪を燃焼する基礎代謝力がアップするからです。

 

但し、有酸素運動のように即効性のあることではありません。
とは言うのものの、普段の生活の中でも生命を維持するために、脂肪が燃焼されるので、その力が大きくなることで、ダイエットが可能なのです。

 

もう1つには食事制限をする方法がありますが、一定の効果はあるものの、食事面を考慮するより、筋トレの方が脂肪燃焼力を高めるので、持続的なダイエット効果があります。

 

最近の流行りのダイエットジムでも、筋トレ中心になっていることを考えると、根拠のある方法となります。

ダイエットで食事制限が必要な人とそうでない人の違いは?

ダイエットで、食事制限がある人は、極端な肥満過多に陥っている人です。
肥満過多で、脂肪が溜まり過ぎていることで、体重が重たくなっているだけでなく、新陳代謝が停滞していたり、血糖値が高くなっているような人は、食事制限が必要です。

 

これは見た目重視のダイエット目的と言うよりは、健康回復という目的が大きいのです。
脂肪が増えたことにより、糖尿病等の生活習慣病を発することが心配されるからです。

スポンサーリンク

 

このような人は、適度な運動で脂肪を燃やすことも必要ですが、カロリーコントロールを念頭に置いた食事制限が必須です。
結果的にダイエットにも繋がりますが、目的は健康回復という側面が強いのです。

 

食事制限が不要な人は、比較的に健康で習慣病の心配が低い人です。
誰でも多かれ少なかれ、脂肪が蓄積されてダイエットを考える人が多いのですが、健康面で大きな問題が無い人は、食事制限よりも運動中心のダイエットが理想的な方法です。
有酸素運動や筋トレで積極的なダイエットをすることがお勧めです。

 

ダイエットの食事制限とサプリでトレーニングを効率的に

ダイエットの基本的な考え方は、体内の脂肪を燃焼することです。
そのためには、脂肪となるエネルギーを抑えることと、エネルギーを消費させる力をアップすること、そして、そのエネルギーを常に使い消費させることが必要です。

 

脂肪というエネルギーを抑えるのが食事制限ですが、自分に合った適度な量を1日3食摂ることで、効率の良い栄養吸収が行われますので、適正な脂肪を生み出してくれます。

 

ここで食事だけでは、摂ることが難しい栄養素をサプリメントで補ってあげることで、身体のバランスが維持されますし、運動による脂肪燃焼力や新陳代謝力も向上する後押しをしてくれます。

 

また、筋トレにより脂肪を消費(=燃焼)する力をアップさせます。
そして、ジョギングやウォーキング等の有酸素運動で脂肪を消費させるのです。
これにより効率良く脂肪を燃やすことができて、ダイエット効果が高まっていきます。

 

したがって、ダイエットすることを考えるなら、極端な食事制限をするのではなくバランスの取れた栄養補給と規則正しい運動を継続することか、理想的な方法なのです。

まとめ

極端な食事制限は、身体が不足しているエネルギーを余計に溜め込もうとする動きに切り替わります。

 

これがリバウンドの原因なので、適正な体重を維持するためには規則正しい3食の食事は必須です。

 

したがって、効率的で理想的なダイエットとは、適度な食事と適度な運動により、自分に合った体重を維持させることなのです。

スポンサーリンク

コメントを残す