ダイエットの食事制限の悪影響や正しいやり方ー運動をしてリバウンドを防ぐ

ダイエットには食事制限や運動などが有効です。

 

食事制限のみで行うダイエットには弊害がある事があります。

 

そこで、どのような弊害があるのかという点について紹介したいと思います。
そして、より効果的にダイエットをするための運動をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限の悪影響

食事制限だけのダイエットの悪影響の一つとして、体調が悪くなることが挙げられます。

人間が健康に生活するためにはタンパク質からミネラルまでとても数多くの栄養素が必要です。

ダイエットで脂肪を減らそうとして食事制限をしたとしても、きちんと食事を摂らないことで必要な栄養素を摂取することができません。
そうなれば、体の調子が悪くなったり、病気になりやすくなったりします。

 

また、思考能力も低下することもあるかもしれません。
認知する力も低下してしまったりします。

 

また、体を健康に保つために重要な役割を果たしているホルモンも低下してしまうかもしれません。
ホルモンのバランスも崩れやすくなって、精神的なバランスがとりにくくなるかもしれません。

そのことで、気持ちが不安定になったり、メンタル面の調子が悪くなったりするというリスクもあります。

 

そして、食事制限をするとリバウンドをしやすくなるといわれています。
このような点で食事制限の悪影響については注意が必要です。

ダイエットの食事制限の正しいやり方

ダイエットの食事制限の正しいやり方としては、必要な栄養素はきちんと摂取し、不必要なものは摂らないということです。
必要なたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養素をきちんと摂り、脂質と糖質を控えるということになります。

特に、糖質制限はダイエットの食事制限としては最近とても注目されています。しかし、長期に糖質を制限するということについては議論があります。

 

ダイエットの食事制限としては、間食やお酒などを控えるようにします。
そして、栄養バランスの良い食事をするということになります。

スポンサーリンク

 

食事制限をすると、必要な栄養素が摂れないという点が心配されます。
身体の調子を悪くして、リバウンドをしやすくするためにダイエットを行うのは本末転倒です。

健康的な体を手に入れるためのダイエットなので、健康を害しながら行う必要はないといえます。
そのため、健康はきちんと守りながら、より健康的になることが大切です。

 

ダイエットの食事制限は、必要な栄養素はきちんと摂取、不必要なものは摂らないということが正しいダイエットの方法です。

ダイエットの食事制限に運動を加えてリバウンドしにくい体へ

食事制限のみのダイエットだと、リバウンドしやすいと考えられています。
そこで、運動をすることで、筋力がアップして基礎代謝が高まるという効果が期待できます。

 

基礎代謝は何をしなくても必要となるエネルギーです。
その基礎代謝は体の筋肉の量によって左右されます。
筋肉がたくさんある人なら、そうでない人に比べて基礎代謝が高いのです。
拡張した筋肉の細胞の活動分も基礎代謝として消費されるからです。
そのため、食事制限を行う時には、同時並行で運動を行うことがおすすめです。

 

ダイエット中に行う運動は、有酸素運動などの、酸素を取り入れて行う運動がまずおすすめです。
ウォ―キングやエアロビクスなどの有酸素運動は、初めて20分後くらいから脂肪燃焼効果が高まります。

 

また、無酸素運動もおすすめです。
無酸素運動は筋トレや短距離走などで、短時間で行う運動です。

 

有酸素運動と無酸素運動の両方を効果的に組み合わせせてリバンドしにくい体つくりを進めましょう。

まとめ

ダイエットは必要な栄養素をバランスよく摂取し、不必要なものは取らないというやり方がおすすめです。

 

また、適度に運動を行ってリバウンドしにくくすることが推奨されます。ダイエットには有酸素運動と無酸素運動の両方が効果的です。

スポンサーリンク

コメントを残す