ダイエットの食事制限は筋肉が落ちるからダメ?運動やサプリの使い方

ダイエットの食事制限は筋肉が落ちるからしない方がいいのでしょうか?

そこでこの点について、ダイエットにおける食事制限と運動の効果や、運動する上でどんなトレーニングをすればいいのかなどの点についてご説明します。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限は筋肉が落ちるからしない方がいいの?

ダイエットは消費カロリーより摂取カロリーが少ないということが基本になります。

消費カロリーを増やすためには運動が、摂取カロリーを減らすためには食事制限が有効だといわれています。

 

そのため、運動を行って適切な食事制限を行うことが理想的です。

運動をすると基礎代謝が向上します。

基礎代謝は寝ている時などのように活動を行わなくても消費されるカロリーで、誰でも一定量の消費カロリーがあります。

 

これを補うのが食事ですが、消費カロリーが食事で摂取されるカロリーよりも多ければ肥満になっていきます。

ダイエットはこれとは反対に、運動量を増やすなどして消費カロリーをできるだけ増やし、必要な栄養素はきちんと摂取した上で、不必要な糖質や脂質を摂らないようにすることが大切になります。

 

ダイエットの食事制限は筋肉が落ちるからしない方がいいのか否かという点については、食事をしても運動をしなければ、加齢と共に徐々に筋肉量は落ちていきます

摂取カロリーを減らす食事制限はして、運動もした方がいいのです。

ダイエットの食事制限と運動を両立するならどんなのがいい?

ダイエットの食事制限と運動を両立することがダイエット効果を高めるのにおすすめです。

では、運動をするならどんなトレーニングがいいのでしょうか?

 

この点については、酸素を用いて、脂肪や糖質をエネルギーに変えながら行うことができる、ジョギングやエアロビクス、ウォーキングや水泳などのような有酸素運動がまずおすすめです。

有酸素運動のエクササイズは規則的な動きを繰り返して行うことができる比較的軽い運動になります。
呼吸をしっかりとすることで、必要な新鮮な酸素を取り入れて運動を行います。

スポンサーリンク

有酸素運動は脂肪燃焼効果を高めることができ、体についた脂肪を減らすことが期待できます。

エクササイズを 20 分くらい継続して行い始めた後、脂肪が燃焼し始めます。

 

同時に、瞬間的強い力を必要とする無酸素運動を行うと、より効果的な運動効果が得られます。
無酸素運動は筋トレなどの運動で、筋肉のグリコーゲンを主な原料として行われています。
酸素を必要とせず短時間しか運動できませんが、筋肉を鍛えることができるので基礎代謝を高めることができます。

ダイエットの食事制限後もサプリやプロテインを使ってリバウンドしにくい体に

有酸素運動や無酸素運動などの運動と異なり、食事制限によるダイエットはリバウンドしやすいという特徴があります。
食事制限によるダイエットは脂肪そのものが燃焼されたわけではなく、基礎代謝量も変わっていないことがその理由です。

そのため、これらを補うことができるサプリメントの上手な活用が推奨されます。

 

サプリメントには脂肪燃焼効果のあるものがあります。

また、運動も基礎代謝を向上させるうえで大切です。
運動を行う場合には、筋肉の元となるタンパク質が効果的に取れるプロテインなどの摂取がおすすめです。

脂肪燃焼効果のあるサプリメントにはトウガラシの成分などが入っており、体の熱を上げて脂肪燃焼を促進することが期待できます。

 

プロテインはソイプロテインがおすすめです。
ソイプロテインは減量時に筋肉量の維持をしたい時などに飲む事の多いプロテインですので筋トレの効果を高めつつ、ダイエットを進めましょう。

サプリメントの中には、飲むだけで痩せる効果が期待できるものもありますので、そのようなサプリを活用してみるのもおすすめです。

まとめ

ダイエット効果を高めるには食事制限と運動が効果的です。

 

そして、運動をする場合には有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるとより効果的に脂肪燃焼と基礎代謝のアップが期待できます。

 

サプリメントなども有効に活用することがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す