母の日のカードを手作りする方法!作り方や素材を無料で手に入れる方法

お店に行けば素敵なカードがたくさん販売されていますが、母の日のカードは手作りする方法もあるのです。

手作りするとお母さんに感謝の気持ちがしっかりと伝わります。

作り方がシンプルで、簡単に作れるものもあるので作ってみましょう。

スポンサーリンク

母の日のカードを手作りする方法

母の日のカードを準備しましたか?まだ準備していないという人は、今年は手作りカードに挑戦してみてはいかがでしょうか。

母の日用にメッセージカードがたくさん販売されていてどれもすてきですが、感謝の気持ちを伝えたいなら、手作りカードが一番効果がありますね。

 

今は100円均一でも様々な素材の材料が揃っています。そのため、これまで一度も手作りカードを作ったことがないという場合でも、母の日のカードが簡単に作れます。

可愛らしいデザインのカードやデザイナブルなカード、豪華な装飾が特徴的なカードなど、オリジナルカードをすぐに作ることができます。

 

また、テンプレートなどのキットもネットの素材屋さんで見つけることもできます。

かわいらしいデザインのキャラクターのカードなど、見ていると作るのが楽しくなってくるテンプレートが販売されたり、インターネット上でパーツを選んで注文するカード作成サービスなどもあります。

 

様々な手作りカードをいろいろと比べながらチョイスしてみましょう。

母の日のカードの作り方

母の日のカードを簡単に手作りできる方法についてご紹介したいと思います。

 

まず、ボタンとレースの組み合わせがとても可愛い母の日のカードの作り方をご紹介します。

まず、好きな色の画用紙を好きな形や大きさにカットしてカード台紙を作っていきます。

デコレーションは花柄のマスキングテープをベースにして行います。
カードの下側の部分にマスキングテープを貼り付けます。
そして、そのマスキングテープ上に、白いレースを接着剤で貼っていきながら、花の花弁になるように花の形を作っていきます。

スポンサーリンク

このお花をランダムに画用紙に貼り付けていき、その上にボタンを接着剤で貼り付けます。
できたらペンで茎を描きます。葉の形も作りましょう。

そして、カードに貼り付けます。できた台紙にお母さん宛てのメッセージを書いたら完成です。

 

また、ハート形のカードも100円均一の材料を用いて作れます。

まずは用紙をハートの形に切り抜いていきましょう!

クラフトパンチを使ってくりぬいたお花を貼り付けます。

シンプルですが、台紙と花のカラーを合わせるとデザイナブルになっておすすめです。

母の日のカードの素材を無料で手に入れられる方法は?

母の日のカードの素材は無料で手に入れられるものがあるのです。

母の日にぴったりのカードテンプレートを無料で配布しているサイトなどを活用するとかわいらしいデザインやおしゃれなデザインのカードを無料でダウンロードできておすすめです。

シンプルデザインはもちろんゴージャスなデザインのものまで、たくさんの無料のテンプレートがそろっているのでおすすめです。

 

また、普段からラッピングペーパーをコレクションしておくと無料で手に入れられる素材になります。
お花などをもらった時に、ラッピングをしている素材をとっておくといいですね。

 

ほかにも、買い物をした時に袋に入れてもらえる、オリジナルのデザインが印象的な紙製の手提げ袋なども台紙として利用したり、デコレートする時に使える素材になります。

このように、無料で手に入れられる母の日のカードの素材を利用すると、自分だけのオリジナルカードを無料でデザインすることができておすすめです。

まとめ

母の日のカードを手作りするのも楽しいですね。

 

普段お世話になっているお母さんにありがとうの気持ちを手作りカードで伝えてあげましょう。

 

作り方が簡単なものや、素材を無料で手に入れられる方法もありますのでぜひ作ってみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す