母の日の手紙の義母への書き方と注意点!例文や渡し方も

母の日に手紙を義母に渡したいという人も多いと思います。

普段お世話になっているお義母さんへ、感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

 

そこで、母の日にお義母さんに渡す手紙やメッセージの書き方や例文などについてご紹介します。

スポンサーリンク

母の日の手紙の義母への書き方と注意点

母の日にお義母さんに日頃の感謝の気持ちを手紙にして贈れば、お義母さんもとてもうれしいプレゼントになりますね。

 

そうはいっても、義理の関係ということもあって、何をどのように書いたらいいのかよくわからないということも…
自分の母とは違って、義母さんへ送る手紙はやはり気を遣いますよね。

 

どんな言葉を選べばいいの?ということについては、もっと簡単に気持ちが伝わる言葉を選べばいいですね。

 

一番感謝が伝わるお義母さんへの言葉は、やはりありがとうの言葉ですよね。
ありがというという言葉は世界で一番美しい言葉だという人もいます。
ありがとうの気持ちを素直に書くとそれだけでとても素敵な優しいメッセージです。

 

母の日の義母への手紙を書く時の注意点は、お互い姑と嫁という立場なので、実母はお母さん、義母はお義母さんと使い分けている方は多いでしょう。
しかし、お義母さんという言葉を使うよりも、お母さんやおかあさんという言葉の方がよりナチュラルですね。

母の日の手紙で義母への例文

母の日に義母へ送る手紙は、具体的にどのように書けばいいの?という人のために、母の日の義母への手紙の例文をご紹介したいと思います。

 

大切なのは、お義母さんに日ごろの感謝も気持ちが伝わることなので、分かりやすい言葉で書いていきましょう。

 

まずは、宛名を書きます。お義母さんへのお手紙の冒頭の部分の宛名は、他人行儀にならないようにお母さんへ、やおかあさん、お母様などのように書きましょう。

スポンサーリンク

 

例えば、
「お母さんへ、いつも家事や子どもの世話を手伝ってくださってありがとうございます。……これからもよろしくお願いいたします。」
「お母様へ、母の日おめでとうございます。……さわやかな季節ですが、お風邪を引かないよう、お体を大切になさってください。」
「おかあさんへ、いつも旬のお野菜やお肉を送って下さってありがとうございます。……いつも気にかけてくれてありがとうございます。」

 

など、優しい気遣いを嬉しく思っているという気持ちが伝わるように手紙を書いてみましょう。

母の日の手紙の義母への渡し方ーどう渡せば良い?

母の日の手紙の義母への渡し方について、どうやって渡せばいいのかと悩む人も多いのではないでしょうか。

手紙を渡す時には、一緒に心のこもったプレゼントと一緒に渡すといいですね。

 

義母と同居をしていたり、比較的近い場所に住んでいれば、母の日に直接渡すことができます。
しかし、義母が遠方に住んでいたりすると、母の日や母の日の近くに会って手紙やプレゼントを渡せないという場合も多くありますよね。

 

そんな時は、宅配便などを利用して、母の日に到着するように手紙やプレゼントを贈るようにするといいですね。
プレゼントが高価すぎるものだと、お義母さんに逆に気を遣わせてしまうということもあるかもしれませんよね。そのため、あまり気を遣わせない贈り物がおすすめです。

 

ありがとうの気持ちがきちんと伝わるような渡し方のマナーとして、プレゼントが届く数日前までに手紙などを先に送って、お義母さんに感謝の気持ちをつたえて、別便で贈り物がいつ届くのかをお知らせしましょう。

まとめ

母の日の手紙やメッセージは、普段お世話になっているお義母さんに感謝の気持ち伝えるのにおすすめのアイテムです。

 

遠方に住んでいる人も、心のこもったメッセージでお義母さんに日ごろの感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す