ダイエットの食事制限でリバウンドしないための方法や継続する上で気をつける事

ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまうのは、方法が間違っているからです。

 

健康的に痩せるためには、栄養バランスの取れた食事を摂る必要があります。

 

無理なくリバウンドしない食事制限の方法について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限でリバウンドしないために

無理な食事制限をすると、筋肉量が減少して代謝が悪くなってしまいます。
筋肉は、体を動かすだけでなく、代謝を上げるためにも必要なのです。

そのため、無理な食事制限をした後に元の食事に戻すと、リバウンドしてしまうのです。
リバウンドしないためには、筋肉を作るたんぱく質をしっかり摂って筋肉量を落とさないようにすることが大切です。

 

それから、血糖値を緩やかにする低GI食品を食べることも大切です。
血糖値を上げる炭水化物や糖質は完全にカットすると、元の食事に戻した時に血糖値が上がりやすくなり脂肪が付きやすくなるので、糖質を完全にカットするのは止めましょう。

 

そして、腸内環境を整えてくれる食物繊維と醗酵食品を摂ることも大切です。
食物繊維は、脂肪の吸収を抑える働きをしてくれるので、たんぱく質→野菜→味噌汁→ご飯の順番で食べるようにしましょう。
野菜から食べると、たんぱく質の栄養がしっかり吸収されないので、たんぱく質から食べるようにします。

ダイエットの食事制限の方法

ダイエットでは、たんぱく質は欠かせない栄養です。
だからといって、脂身の多い鶏モモ肉のから揚げ、油で揚げた豚カツ、ステーキといった食事ばかり摂っていては意味がありません。
調理する時は、茹でたり、網焼きにするなど脂身を落とすようにします。

脂身の少ない鶏のササミや、皮を取り除いた鶏胸肉を食べるようにしましょう。
味気ないと感じた場合は、味噌や麹に漬けてみるなど、味付けに工夫をしてみましょう。

スポンサーリンク

 

それから、たんぱく質は腸内で悪玉菌のエサになってしまうので、必ず食物繊維と一緒に食べるようにして下さい。

また、生野菜をたくさん食べると内臓が冷えてしまって腸の動きが鈍くなります。
生野菜を食べる時は、温かい味噌汁やスープと一緒に食べるようにしましょう。

 

甘いものを食べたくなった時は、糖質ゼロの砂糖を使って寒天ゼリーを作ったり、おからクッキーを作ってみることをおすすめします。

作るのが面倒な場合は、必ず糖質の含有量を確認して下さい。

ダイエットの食事制限の継続で気をつけたい事

ダイエットの食事制限では、1日3食しっかり食べることが基本です。
ダイエットのために朝食を抜く人がいますが、8時間以上何も食べないでいると、血糖値が上がって脂肪が付きやすくなるのです。
朝食を食べることによって、内臓が活発になり脂肪も燃焼されやすくなります。

 

朝からたくさん食べることができなくても、ヨーグルトや豆乳、ゆで卵、サラダなど簡単なものでいいので、何か食べるようにしてみましょう。

 

それから、寝る3時間前からは何も食べないようにすることも大切です。
寝るギリギリまで食べていると太るのは当然ですが、寝ている時も内臓が動いているので熟睡することができず、寝付きが悪くなってしまいます。

 

そうなると、血行不要からくる冷え性、むくみ、老廃物が溜まりやすいといった、太りやすくなる原因を更に作ってしまうのです。
規則正しい食生活を送ることで、睡眠中もしっかりエネルギーが消費されて痩せやすい体質にしていくことができます。

まとめ

ダイエットを成功させるためには、続けられる内容であることが大切です。

 

付き合いで外食をするしに行く場合は、ダイエットサプリを飲むといった方法も有効です。

 

また、基礎代謝を上げるためには、適度な無酸素運動と有酸素運動も必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す