ダイエットの食事制限で注意する事や正しい方法ーより効果的にするために

ダイエットというと食事制限を始める方が多いのではないでしょうか。
たしかに、食事制限をして摂取カロリーが減ればやせるかもしれません。

 

しかし、食事制限ダイエットをして失敗をする方も少なくありません。
食事制限でダイエットをする場合には、注意することがあります。
注意をすることでダイエットを成功させられることでしょう。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限で注意する事

やせるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにする必要があります。
つまり、運動をたくさんして消費カロリーを増やすか、食事制限をして摂取カロリーを減らせばよいのです。

 

運動でカロリーを消費する場合、体重50kgの女性が1時間のランニングをしても300kcalほどしかカロリーを消費することができません。
しかし、食事制限なら運動のつらさもなく、運動のための時間も必要なく、簡単にカロリーを抑えることができます。

 

運動よりも楽なため食事制限でダイエットを始める方が少なくありませんが、食事制限はリバウンドに気をつける必要があります。

 

食事制限をすると少ないエネルギーでも体を維持できるように、エネルギーを多く消費する部位である筋肉を分解してエネルギーを確保します。
筋肉が減ることで基礎代謝が低下をしてやせにくくなります。基礎代謝とは、生命維持に最低限必要で何もしていなくても消費するカロリーのことです。

 

また、筋肉が少ない状態でもとの食事に戻せば、摂取した分のカロリーをうまくエネルギーとして消費することができず、あまったエネルギーが脂肪として蓄積します。

 

食事制限でダイエットをするとリバウンドの危険があるのです。
さらに、摂取できる栄養素の量が少なくなるので、肌荒れ、抜け毛、便秘などの不調も現れる心配があります。

ダイエットの食事制限の正しい方法

ダイエットの食事制限を成功させるためには、食事制限をしても代謝を落とさないことがポイントです。そのためには、筋肉を維持する必要があります。

 

筋肉の原料となるものがタンパク質です。
タンパク質が多い食品は、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などです。
肉や魚はカロリーが高いため、食事制限をするとまずタンパク質を減らすことが少なくありません。
しかし、タンパク質を減らしてしまうと筋肉が減少をしてリバウンドをしやすくなります。

スポンサーリンク

 

ダイエットの食事制限をする際には、タンパク質をしっかりと摂取するようにしましょう。
タンパク質をしっかり摂取することで適度な筋肉を維持することができ、代謝の低下が抑制されることが期待できます。

 

肉や魚などはカロリーが高いので、ダイエット中の方はカロリーが気になると思います。
カロリーが気になるようなら、脂が少ない白身魚や大豆製品がおすすめです。
揚げる・炒めるといった油を使う調理よりも、蒸す・煮る・ゆでるといった油を使わない調理をすることでもカロリーを抑えることができます。

ダイエットの食事制限をより効果的にするために

ダイエットは食事制限だけでなく、運動も組み合わせることでより効果的になります。

 

ダイエットの食事制限をする際は、筋肉を減らさないことがダイエット成功のポイントです。
筋肉は使わないとすぐに減少をしてしまい、基礎代謝が低下をしてやせにくくなります。

 

しかし、適度に運動をしていれば筋肉の減少を抑えることができます。
筋肉が多いほど基礎代謝が高まり、やせやすい体に近づきます。

 

ダイエットのための運動というとランニングやジム通いなど激しい運動を思い浮かべるかもしれませんが、激しい運動をする必要はありません。
適度な筋肉を維持するためには、ウォーキングや階段の上り下りなどでも効果が期待できます。

 

一駅分歩く、駅では階段を使うようにするなど、日常生活のちょっとしたことを変えるだけでよいです。
無理な運動は続かないのでダイエットは失敗します。
しかし、一駅分歩くなど簡単な運動なら続けやすく、続けることでダイエット成功に近づきます。
まずは少しの運動でも継続する事を目指して続けて行く事が大切です。

 

まとめ

ダイエットの食事制限はリバウンドをしやすいダイエット方法です。

 

運動に比べて簡単にやせられるかもしれませんが、その分失敗もしやすいです。

 

失敗しないためには、食事内容に気をつけたり、適度な運動をするなどの工夫が大切になります。

スポンサーリンク

コメントを残す