ダイエットの食事制限は短期間で成功する?注意する事は?

太った時にすぐに考えることはダイエット。
痩せることは、見た目の美しさを作るだけでなく、健康面でもプラスとなります。

 

不規則な生活で暴飲暴食続けていると、身体に不必要な脂肪が貯まり過ぎて、健康障害を引き起こしてしまいます。
生活習慣病を招いて普通に生活することが難しくなります。

このように不便にならないようにダイエットして健康な身体を取り戻すことが大事なのです。

 

ダイエットをするには、運動で脂肪燃焼させる方法もありますが、余計な脂肪や貯め込まないように食事制限をすることも考えなければなりません。

そのためには、正しい食事の摂り方を理解しながら、規則正しい生活を送ることが必要となってきます。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限で短期間で痩せる事は出来る?

私達が毎日行う食事は活きていく上で欠かすことのできない活動です。
しかし、食べ過ぎることで、脂肪を貯め込み太ってしまいます。
したがって、食べ方については食べる量を減らしたり、カロリーの低い食事に切り替えることで、痩せることができます。

 

イザという時には、食べる回数や量を極端に減らすことで、体重を一気に落とすことは可能です。
1ヶ月で10Kg以上の体重を落とすことも不可能ではありません。

 

しかし、このような極端な食事制限は、確かに一時的には痩せることが可能ですが、おすすめはできません。
リバウンドや健康を害するリスクがあるからです。

 

リバウンドとは、再び体重が増えることを指しています。
その原因は、極端に栄養価の低い低カロリーの食事ばかりを続けていると、身体の方が限られた食事の中で、可能な限り栄養を吸収しようとします。

その結果、必要以上の脂肪を蓄積してしまい、体重が逆戻りしてしまうのです。
このようなことから、理想的な食事制限を理解することが重要になってくるのです。

 

そして極端なダイエットをして健康を害してしまったと言う話は聞いた事があると思います。
いくら痩せても健康を害してしまっては楽しむ物も楽しめないでしょう。
無理な減量はやめましょう。

ダイエットの食事制限で成功するために必要な事

食事制限でダイエットを成功させるためには、規則正しい食生活を維持することが、基本です。
まずは1日3食のパターンをキープすることです。
一見、太りやすい生活パターンに陥る印象を覚えるかもしれませんが、身体は適切に栄養吸収する働きをする体質になっていきます。

スポンサーリンク

 

その上で食事制限を行うのです。
この時に1食当たりのカロリーを考えて食べることです。

しかし、1日最低でも600Kcalは摂ることです。
そうしないと、リバウンド体質になってしまいます。

 

最近は、炭水化物ダイエットが流行っていますが、夕食にはご飯類・麺類といった炭水化物類を摂らないことです。

朝・昼食は、たっぷりと炭水化物を摂っても、夜だけは避けるパターンです。
しかし、夕食を抜くのではなく、肉食や野菜類で空腹を避けることは問題ありません。

 

このようなパターンで、規則正しい食生活を作ることで、適度な栄養吸収が行われ、腸内活動も活発になり、緩やかなベースで体重を落とすことができるのです。

ダイエットの食事制限で注意する事

食事制限で、注意することは、やはりリバウンドが挙げられます。
痩せたいという強い思いから、極端に食事を摂らない気持ちは理解できないわけではありません。

しかし、人が生きていく上で必要最低限のエネルギー補給は避けることができません。
したがって、栄養バランスを考えて、3食を正しく摂ることは、ダイエットの準備として行う最低限の条件となってきます。

 

また、食事を抜くことは、便秘の原因ともなってしまいます。
特に女性の方は便秘で悩まれる人が多いのですが、朝食を抜くことで、むしろ腸の活動が停滞して、便秘の原因ともなります。
これが宿便にも繋がり、結果的に肥満になってしまいます。

 

痩せることは、食事制限でエネルギー補給をカットすることではありません。
適正な量を摂ることと、適正なエネルギー消を行える理想的な体質作りです。

 

したがって、ダイエットで痩せることは、たしかにメリットが大きいのですが、過度な痩せ方はむしろ肥満以上に健康に悪影響を及ぼしてしまうのです。

まとめ

太ったからと言って、いきなり過激な食事制限は、身体に偏重をきたしてしまいます。
このことにより、生活ができなくなる人も少なくありません。

 

太り過ぎた体を張る絞り適正な体重にすることこそ、ダイエットの本当の目的であることを忘れてはならないのです。

スポンサーリンク

コメントを残す