父の日のプレゼントで義父への選び方や注意点、おすすめや予算はどんな物?

父親、特に義父へのプレゼントともなるとそのお付き合いの深さ、そして普段からのコミュニケーションの内容によって大きく変わってくることになります。

もちろん、プレゼントの内容だけではなく、そのプレゼント金額、渡し方も気を遣うところになります。

 

ここでは父の日のプレゼントの義父へ渡す物の選び方や注意点やおすすめ、予算はどれ位かを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

父の日のプレゼントの義父へ渡す物の選び方や注意点

父の日のプレゼント、特に義父へ渡すものの選び方についてはいくつかのポイントに注意すべきです。

 

まずは、なんといってもまずは、義父の趣味や嗜好をしっかりチェックするところからです。いかにプレゼントなのでものよりも気持ちといいながらもせっかく贈るのであれば、喜んでもらえるプレゼントをしっかり選ぶことのほうがポイントです。

その際にお付き合いの深さによっては大きく異なるのですがもし、自信がないようであれば、奥様または旦那様に義父の趣味や嗜好をヒヤリングしてみるのがよいかもしれません。

 

せっかくのプレゼントなので、サプライズのほうがもちろん、良いと思います。
そしてあまりにも義父に対して「何がほしいですか」などと直接ヒヤリングするようなことはあまりにも作法としてさみしいところ。

お付き合いの深さがあれば、こんな必要はありませんが、状況に応じて奥様や旦那様のお力などもしっかりお借りして義父へのプレゼント選びを行うようにしましょう。

父の日のプレゼントのおすすめ

父の日のプレゼントでおすすめのもの。
これは長期的に毎年贈ることも想定して考えねばなりません。

 

例えば、ゴルフ好きであれば、毎年すこしずつ異なるゴルフの小物などをプレゼントしていけば喜ばれるでしょう。
ゴルフボール、ティー、ちょっとスペシャルな時はゴルフの距離計測器などといったところでしょう。

スポンサーリンク

状況に応じてはサイズを奥様にしっかり確認したうえでゴルフウエアなどもよいかもしれません。ポイントは毎年しっかり異なるものを選んでいくというところです。

 

ゴルフに特化したお話になりましたが実際には選ぶ際のポイントとして、なんといっても日常的に使ってもらえるもの、ここに焦点を当てて選ぶことがおすすめです。

 

例えば、おはしやマグカップ、ハンカチ、タオルといったものです。
未来永劫使えるものではないのですがしっかり思い出に残る印象的なプレゼントであることをポイントにすればきっと良いプレゼント選びが出来るのではないかと思います。

父の日のプレゼント予算はどれ位?

父の日のプレゼントの予算は確かに迷うところです。

これは何といってもお互いの関係によります。
普段から家計に対しての補助をしてもらったり、子供の学費やお小遣いでお世話になっているのであれば、毎年1万円以上のプレゼントをしたほうがよいでしょう。
こうした関係であれば、普段の御礼という意味もこめていますので。

 

逆にお盆や正月といった一定の季節にしか会わないような場合、あまり高価なプレゼントは逆に気を使わせることになります。
だからこそ、相場としては3000円から5000円程度がよいのではないでしょうか。
先方もこの金額であれば、それほど気を使うこともなく、毎年こうしたやり取りが継続できるはずです。

 

また、一緒に住んでいるような場合であれば、ちょっとした外食にでかけて、そのお支払いを家族全員分含めて負担するという形でプレゼントに変えてもいいかもしれません。
いずれにしても5000円以内ということになるのではないかと思います。

まとめ

父の日のプレゼント、特に義父ともなればその関係をしっかり加味したうえでのプレゼント選びが重要になってきます。

 

必要以上の高価なプレゼントは気を遣わせるし、あまり趣味にあわないものもプレゼントといいながらもちょっと残念です。

スポンサーリンク

コメントを残す