グロムカスタムーハンドル振動対策ー125cc改造レビュー記

グロムはフルノーマルの状態でも長時間走っていると、振動が気になる人が多いようです。

ここを読まれているという事は、あなたもハンドルの振動が気になっているのでしょうか?

 

私もグロムで長時間のツーリングにいった後は手がピリピリと痺れてしまい、どうにかしたいとバイクショップへ出かけ、そこで見つけたのがデイトナの耐震グリップでした。

 

ここでは耐震グリップのレビューとその他で私が今後取り付けようか検討している振動対策用のパーツについて書いていきたいと思います。

ロングツーリングの疲労も軽減される事請け合いです。

スポンサーリンク

グロムカスタム耐震グリップのレビューー125ccカスタムレビュー記

バイクの振動対策として最も一般的でおすすめなカスタムが、耐震グリップへの交換です。
純正グリップは耐久性は高いですが、普通のラバー製のグリップですので、振動を吸収する効果はあまりなく、バイクによっては振動で手が痺れる事もあります。

 

耐震グリップは二重構造になっており、ゲルが手に伝わる振動を吸収して軽減してくれる優れものです。
私はデイトナのプログリップを取り付けました。

取り付ける前と後では手に伝わる振動が明らかに変わり、軽減されているのを感じました。
価格も¥2000円程度ととても安いので、財布の負担にもなりにくいのも魅力です。

 

ただし二重構造のため一本物のラバーグリップに比べて、耐久力は劣ります。
私の場合はほぼ毎日乗って2年後には表面はぼろぼろになっていまい、耐震力が落ちたようには感じませんでしたが、見た目が酷かったので交換しました。
(見た目を気にしなければまだ使えたとは思いますが)

 

まとめると、耐震グリップは手に伝わる振動を減らすが耐久力は普通のラバーグリップに劣る、となります。

スポンサーリンク

ハンドルの振動が気になるならまずグリップを耐震の物に変える事をおすすめします。

グロムハンドルウェイトー125ccカスタムレビュー記ー

耐震グリップはハンドルから手に伝わる振動を吸収してくれる物ですが、ハンドルウェイトはハンドルの中に棒上のおもりを入れる事で、ハンドルの振動自体を抑制してくれる物です。

耐震グリップで満足して乗っていましたが、色々とカスタムしていくと走りに力強さが出るのは良いですが、振動が徐々に強くなっていき、取り付ける事にしました。

 

デメリットはウェイトを加えるため重量が数百グラム増える事ですが、日々の体重の増減でそれぐらいは変わるので大きく操作感が変わる事は無いと思い取り付ける事にしました。

注意するべき点は、ハンドルの中が空洞かどうかと、ハンドルの経だけで無くウェイトの長さも見る事です。
ハンドルの形状によってはハンドルの交換からしなければいけない場合やウェイトの加工が必要になる場合もあります。

グロムの純正ハンドルの場合は、中が空洞になっていないためハンドルごとの交換が必要になり、10000円以上の出費は覚悟しなければ行けません。
ウェイトだけなら自分でできそうですが、グロムはハンドルごとの交換になるのでショップで注文して取り付けてもらおうと思っています。

ハンドルウェイトのレビューは取り付けてしばらくしてから書きたいと思います。

まとめ

耐震グリップは手への振動を低減し、ハンドルウェイトはハンドルの振動自体を抑える物です。

 

耐震グリップは安いと書きましたが、ハンドルウェイトだけの交換で済む場合も同じくらいの出費で済みます。

 

振動があまりに強い場合は両方共つけてしまってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す