グロムカスタムートップケースで積載強化編ー125cc改造レビュー記

非常に軽く取り回しのしやすい125ccバイクは、近場の移動から遠出まで行ける、便利で楽しい乗り物ですが、物を運ぶのには適していません。

ここでは日常的に、またはツーリングなどにある程度の積載性を確保したい方に向けて、

キャリアとトップケースについてのレビューや注意点を書いていきます。

 

小型のホンダグロムでも行えるインプレになっていますので、より大きい排気量のバイクに乗られている方にも参考になると思います。

スポンサーリンク

グロムカスタムートップケースで積載強化ー125ccカスタムレビュー記

キャリアは車種ごとに設計が違いますので、グロムをベースとした話になります。

 

積載性を高めるのにまず思い浮かぶのはキャリアを取り付けトップケースを付ける事だと思います。

 

注意点

キャリアは物により積載重量が定められていますが、小型のバイクほど積載重量が小さく、キャリアとセットで売られているトップケースでもケース単体でキャリアの積載重量とほぼ同じ重量になる事も多々あるという事です。

その場合、キャリアに物を積むとすぐに重量オーバーを起こします。
ある程度は大丈夫ですが、あまりに耐荷重をオーバーしてしまうとキャリアの破損や、最悪の場合キャリアは無事でもバイクのフレームが折れたという事もあったようです。(整備士の方に聞きました。)
その為重量がある荷物は極力シートの上に載せるのが良いでしょう。

 

リアボックスを取り付ける際はせめてボックスの重量がキャリアの積載重量の上限を超えないようにする様にしましょう。

スポンサーリンク

私はキャリアが折れたという事態には遭遇した事はありませんが、極力重量をサイドバッグやシート上に分散するように乗せています。

 

たまにネット上でキャリア上に満載した記事もありますが、その場でトラブルは起こらずともキャリアの消耗は早くなるでしょう。

キャリアは日々の移動で重量の分だけしなり、疲労を蓄積していく消耗品です。
もしキャリアに曲がりや日々が見つかった場合は使用を停止し、トップケースなどは下ろして交換するようにしましょう。

レビュー

注意点が長くなりましたが、ここからは取り付けて感じた事を書いていきます。

 

私はキャリアとセットになっていた30リットルのトップケースを付けました。

 

取り付けてまず感じたのは見た目の変化です。
当たり前ですが後ろに大きい箱がつくわけで、人によっては格好悪いと思うようです。
しかし積載性が付きある程度の買物からツーリングまで非常に便利に使え重宝しています。

 

操作性の変化としては3キロ程度の物を載せていた時のコーナーで、ケースの中の物が動き、一瞬バイクを倒した方向に引き寄せられるような感覚がありましたが、気にするほどではありませんでした。

まとめ

トップケースのメリットは積載性が増え、ツーリング先などでの急な荷物の増加にもある程度対応できる事でしょう。

 

デメリットは見た目が少々野暮ったくなり、重量が増加して空気抵抗も増える事で操作性が変わる事です。
私は気になるほどの変化は感じませんでした。

 

キャリアとトップケースの組み合わせは、見た目より積載力の増強を重視したい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す