浴衣に似合う髪型 編み込み編 簡単なアレンジや髪飾りの選び方

浴衣を着る際のヘアスタイルで思い浮かぶのはどんなアレンジですか?

大半の人がアップスタイルをイメージされるのではないでしょうか。

アップにも様々な仕方がありますが、ただ髪を束ねて首筋を出すだけではなく、少し編み込みを加えると見た目にも凝った印象がありますし、女子力アップしたような気分になりますね。

 

ここでは、初めての方にも簡単に出来そうな編み込みのアレンジをご紹介いたします。

浴衣関連の記事をまとめたページを作りました←クリック

 

スポンサーリンク

浴衣の髪型 編み込みで簡単に出来るのは

自分自身で鏡を見ながら簡単に出来そうなのは以下の3パターンくらいが適当でしょう。

 

1.ロングヘアの大編み込み

 

2.前髪の片編み込み

 

3.サイドの一部編み込み

 

では、それぞれのアレンジの仕方はどのようにすれば良いか次の章で詳しく見てみましょう。

浴衣の髪型の簡単なアレンジの方法

皆さんは編み込みの方法を御存知でしょうか?最近では動画サイトなどでも紹介されていますね。

手順を覚えれば、さほど難しいものではありませんが、毛束を交差する位置によって表編みと裏編みという見た目には違う表情に仕上がるので、最初に交差させたら、編み終わりまで同じ編み方で続けて行ってください。

 

まず1のロングヘアの大編み込みですが、これは長さ的に肩下くらいまである片向けのアレンジです。

頭のトップの部分の髪を3つの毛束に分けて取り、少しずつ下に、サイドの髪もすくい取りながら編み込んで行く方法です。

自分で編む場合は、表面の編み目となる位置の下で毛束を交差するほうがラクなので、仕上がりは裏編み込みになります。

だいたい、耳の下ラインあたりですくい足す髪が無くなるので、それより下は普通の三つ編みで最後まで編みます。

編み終わったら、テールの部分を巻き留めて髪飾りをつけます。

スポンサーリンク

 

次に2の前髪片編み込みです。

編み込みの要領を理解した方にはわかると思いますが、毛束を交差する前に地肌からすくい取る髪は左右同じ分量くらいが一般的ですね。

片編み込みというのは、どちらか一方の毛束にだけ髪を足して編んでいく方法になります。

前髪片編み込みの場合、頭のトップ側の毛束には足さずに、前髪だけを少しずつすくい取って足して編みます。

そうすることにより額の周りがスッキリと清涼感のある仕上がりになります。

 

最後に3のサイド編み込みです。

サイド編み込みはミディアムやショートボブなどの方にも取り入れやすい編み込みで、鏡を見ながら簡単にできるでしょう。

表編み、裏編み、どちらでも自分の手の馴染む方法で編んでいけば良いのですが、仕上がりは裏編みのほうが、見た目には三つ編みが盛り上がったような感じになるので編み目を強調したい人には裏編みがお奨めですね。

前髪やサイドだけを編み込んだ場合は、髪の長さにもよりますが、残りの髪と上手く纏めてアップにしたりアレンジを加えてみてください。

浴衣の髪型 かんざしなどの髪飾りの選び方

編み込みのヘアに似合う髪飾りは、小さめのヘアクリップをたくさん付けると可愛いですね。

色も豊富なので編み目の段ごとに散らして留めるとアクセントになります。

 

他にはUピンにパールやラインストーンが付いたものも使いやすいです。

編み込みに慣れている方は、編み初めに細いリボンを付けて毛束と一緒に編み込んでしまうのも一案です。

あとで特に髪飾りを付け足さなくても充分なアクセントになるでしょう。

まとめ

編み込みスタイルは、初心者が自分で全部編むのはなかなかハードルが高いので、はじめのうちはフロントやサイドの一部分だけを練習してみると良いでしょう。

 

編み終わりの始末と、ほかの髪の部分との合わせ方を考えて髪飾りを選ぶのがポイントです。

 

ゴムやピンの根元隠しに少し大ぶりの飾りを付けたり、Uピン飾りの複数使いなどオリジナルなアレンジを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す