祇園祭の宵山とは?楽しみ方や混雑、アクセスの注意点など

祇園祭の宵山は、山鉾巡行の次に多くの人出があるイベントといわれています。

 

そこで、宵山とはどんなイベントなのかということと、屏風祭や屋台などがある宵山の楽しみ方、そして混雑やアクセスなどについてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

祇園祭の宵山とは?

祇園祭の宵山とはお祭りのメインである山鉾巡行の行われる7月17日の前日、前々日、3日前のことをいいます。

祇園祭では山鉾巡行の前日から、宵山、宵々山、宵々々山と呼ばれるのです。

 

この宵山は、1か月間続く祇園祭の中で、山鉾巡行の次にたくさんの人が訪れるイベントです。

祇園祭の宵山は夕方から夜にかけて人出が多くなり、山鉾に吊るされた提灯に火が点り、祇園囃子が流れだすと、お祭りも最高潮のもり上がりを見せるのです。

 

宵山では屏風祭を楽しめます。

屏風祭は屏風祭ともよばれ、お店や個人などの屏風や装飾品などが宵山の時期に一般公開されています。

公開されている作品には屏風が多くありますが、着物や武具なども飾られます。

そして、その中には国宝や重要文化財級の作品なども含まれているので、とても見ごたえがあります。

 

また、屋台もあってお祭りの雰囲気を存分に味わえるのが宵山なのです。

夏祭りの雰囲気を十分満喫することができる日暮れ後の宵山が特におすすめです。

祇園祭の宵山の楽しみ方

祇園祭の宵山はお祭りの雰囲気が存分に楽しめる素敵なイベントです。

宵山の魅力は飾り付けられた山鉾といわれています。

日が沈んで暗くなってくる頃に駒形提灯に灯りが灯され、祭りの雰囲気が盛り上がります。

 

京都の祇園祭の屏風祭も宵山の3日間だけのイベントになります。

室町通や新町通周辺の祇園祭では山鉾に吊られた提灯の明かりの中で、聞こえてくる祇園囃子など、とても幻想的な雰囲気を味わうことができます。

スポンサーリンク

 

屋台も宵山の特別なイベントで、四条通と烏丸通りは夕方から歩行者天国になり、たくさんの屋台が並びます。

屋台をまわる楽しみがあるのも宵山のいいところです。

宵山の時期、京都はたいへん多くの人々でにぎわいます。

そのため、思ったように進めなくなりますので、見たい山鉾や屏風などがある場合には、比較的人出が少ない、すいているうちに観て回った方がいいかもしれません。

そして、日が暮れてから屋台を回るというプランなどもおすすめです。

祇園祭の宵山の混雑やアクセスなどの注意点

祇園祭でも宵山は地元の人さえも方向を見失うほどの人出があり大混雑します。

そのため、移動も思ったようにはできません。

人の頭越しに見えている山鉾に近づけないこともあるといわれているのです。

 

そして、その宵山で、人出が特に多いのが長刀鉾付近の四条通りだといわれています。

道も広いのですが、それ以上にたくさんの人が集まるので思うように動けなくなるのです。

そのため、道路北側の長刀鉾を見たいという場合には、離れた場所であらかじめ渡って移動しておくことがおすすめです。

 

また、露店と山鉾が集中している室町通りと烏丸通りの2つの通りの仏光通りから六角通りまでの間は、一方通行規制もかかっており、混雑を避けるため、違う通りから移動したほうが移動がスムーズだといわれています。

宵山はとても混雑するので車でアクセスするよりも、電車や地下鉄などでアクセスするようにしましょう。

また、後祭の宵山では屋台は出ませんので注意しておきましょう。

まとめ

祇園祭の宵山ではたいへん多くの人出があり、思うように移動できなくなるほどの混雑となります。

屏風祭があり、屋台などもでていますので、できるだけ移動しやすいルートを利用する方がスムーズに移動できます。

すてきなお祭りを楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す