天神祭の花火の日のアクセスや行き方、電車で帰れる?混雑や注意点は?

天神祭は日本各地の天満宮で催されるお祭りです。
日本三大祭の一つで、期間は6月下旬から7月25日の約1か月間にわたって開催されます。

 

大阪の天神祭の花火の打ち上げ日には、非常に多くの人出があり混雑も凄い物があります。

そこで、天神祭にいく時のアクセスや混雑などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

天神祭のアクセスー行き方はどこの駅で下りるのがいい?

奉納花火も見ながら屋台も楽しみたい場合、花火は大川沿いの毛馬桜之宮公園で打ち上げられていますので、JR桜ノ宮駅でおりるのがおすすめです。

 

天神祭は約1ヶ月にわたって開催されるお祭りで、広範囲にわたって行事が催されます。そのなかでも、7月24日の宵宮と25日の本宮には、たくさんの人が訪れます。中でも、25日の本宮の夜は、大川には多くの船が行き交い、船渡御が行われます。
そして、奉納花火があがるのです。

 

この花火を観に行く人はとても多く、お祭りの大きな楽しみの一つです。大川に映る風情のある篝火や提灯灯りや、花火などの華麗な様子などからこのイベントは火と水の祭典とも呼ばれているのです。そして屋台も出てかなり混雑します。

 

駅から川沿いを歩くか、JRの地下鉄天満橋駅から川沿いをあがっていきましょう。
ただ、川沿いを歩く場合、最も人が多いのでかなり混雑します。
当日は混雑しているので屋台でほしいものを購入するのも一苦労かもしれません。

天神祭のアクセスー花火の後に電車で帰れる?混雑は?

本宮の奉納花火では、大川の川沿いの屋台はJR桜ノ宮駅の北側から、JRや地下鉄天満橋駅の西側まで、川の両サイドに並んでいて、
天神橋筋商店街の屋台は、JR天満駅くらいから南側へ大川まで並ぶのです。

天神祭の奉納花火には毎年100万人を超える人々が訪れるといわれ、終わってすぐは人が多すぎて電車でも思うように帰れないということもあるといわれているのです。

スポンサーリンク

 

花火の打ち上げ会場に一番近いといわれているJR桜ノ宮駅は便利なので多くの人が利用していますが、JR桜ノ宮駅から帰る場合には、電車に乗るまで長い列で順番を待ちながらということになります。

駅まで長い列ができており、その列に並んで駅まで順番を待ちます。やっと改札を通っても、溢れる人で電車になかなか乗れず、やっと電車に乗れてもギュウギュウ詰めで身動きが取れないのです。
そのため、電車で帰ろうと思ったら、花火が終わる前に電車に乗るか、一駅歩いて桜ノ宮駅前から乗っておくことがおすすめです。

天神祭のアクセスの注意点ー車で行きたい時はどうすれば良い?

大阪天神祭奉納花火の当日は桜ノ宮公園や川崎公園周辺は大規模な交通規制がかかります。また、大阪天神祭奉納花火の会場周辺に臨時駐車場なども用意されていません。

交通規制区域外の道路についても大変混雑することが予想されますので、基本的に公共交通機関を利用がおすすめです。
大阪天神祭奉納花火の当日は、できるだけ車で会場周辺に向かわない方がいいのかもしれません。

 

そうはいっても、遠方から見に行くので車でないと困るという場合、京橋駅周辺での駐車場を探すとよいかもしれません。
それでも花火大会に自家用車で向かう場合には、時間には十分余裕をもって向かう必要があるといえます。

 

また、花火大会が終了した後の帰りは大変混雑することが予想されますので、混雑を避けるためにどのようにすればいいかなどをあらかじめ考えておくとスムーズといえます。
公共の交通機関と駐車場などを組み合わせて利用してアクセスをすると比較的スムーズかもしれません。

まとめ

天神祭は日本各地の天満宮で催されるお祭りです。
なかでも25日の本宮の奉納花火は大変混雑します。

 

当日は公共の交通機関を利用したアクセスが便利です。
また、車でアクセスする場合は、
駐車場と公共交通機関の利用を組み合わせるのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す