隅田川花火大会の混雑は回避はできる?アクセスや穴場で避けて見ることはできる?

隅田川花火大会は100万人近くもの人が訪れる東京の大人気の花火大会です。

打ち上げ花火は2万発といわれ、会場周辺は毎年、かなり混雑しています。

そこで、隅田川花火大会の花火観賞時の混雑は回避はできるのかどうかや隅田川花火大会のアクセスの混雑回避方法、隅田川花火大会の混雑を避けて観られる場所についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

隅田川花火大会の(花火観賞時)混雑は回避はできる?

そんな隅田川花火大会は花火鑑賞時に混雑を回避できるのでしょうか?

初めて行かれる方は人の多さに驚かれる人も多いといわれている隅田川花火大会では、打ち上げ場所が2会場設けられており、隅田川公園付近にある第1会場と浅草駅近くにある第2会場から花火が打ち上げられています。

この付近にいる場合には混雑はやはり避けられないものと思って行動する方がスムーズかもしれません。

 

 

混雑をできるだけ避けたいという場合、やはり会場から離れているほうがいいといえます。

基本的に、混雑の度合いは、打ち上げ会場から距離があればあるほど小さくなるといわれています。

つまり、やや遠くなるのですが、花火をきれいに見られる穴場スポットと呼ばれる場所があるのです。

 

 

そのような穴場スポットで花火を鑑賞することで花火鑑賞時の混雑を回避することができるのです。

穴場スポットではゆったりと落ち着いて花火を鑑賞することができるので、快適に花火を楽しむことができるのです。

隅田川花火大会のアクセスの混雑回避方法

隅田川花火大会にはたいへん多くの人が訪れますので、かなり混むのです。

そんな時はできるだけアクセスの混雑を回避する方法で花火を観に行きたいですよね。

アクセスの混雑回避をするためには、いつごろ込むのかということを知っておき、対策を摂ることが大切です。

 

 

隅田川花火大会は夕方以降に開催されます。

会場に行く場合、15時頃から19時ごろまではバラバラに集まってきます。

スポンサーリンク

そのため、この時間帯については早めに行っておくことで混雑は避けやすいといえます。

 

 

しかし、帰りのピーク時間帯の、花火が終わってから1時間くらいの間は、それまで集まっていた人が一気に帰路に就きますので、混雑も半端ではないのです。

電車でアクセスする人は、駅まで行列が続きます。やっと駅に入れたと思ったら、電車に乗るのにも一苦労です。

そんな時には、花火の最中に少し早めに帰路についたり、そもそも、打ち上げ場所に近い会場付近に行かず、少し離れた場所で花火を楽しむ方が混雑を避けることができます。

隅田川花火大会の混雑を避けて見れる場所は?

そこで、隅田川花火大会の混雑を避けて花火を観ることができる、混雑を避けられる穴場スポットをご紹介したいと思います。

 

 

打ち上げ会場からは距離があるものの、隅田川花火大会で打ち上げられる花火を観ることができて、しかも、駐車場もあってマイカーでアクセスができるというおすすめの穴場スポットとして、

荒川区南千住にある汐入公園

が挙げられます。

 

 

会場からは離れていますが、美しい花火を鑑賞することができる場所で、混雑を避けたいという人にとてもおすすめの穴場スポットです。

汐入公園は、特に小さなお子さんを連れの方や高齢の方をお連れの方にとって、アクセスしやすく、きれいな花火を観ることができて、ゆったり快適に過ごすことができるというおすすめの穴場スポットです。

まとめ

隅田川花火大会は100万人近くもの人が訪れる東京の花火大会です。

そして毎年、会場周辺は相当混雑をします。

しかし、混雑を回避することは可能で、会場から少し離れた穴場スポットで隅田川花火大会の花火を観賞すると混雑を回避することができます。

また、近い場所で鑑賞する時は、帰りが大変混みますので、早めに会場を後にするということも一つです。

今年の隅田川花火大会は落ち着いて花火を観るというのもおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す