淀川花火のスポットのおすすめや穴場、アクセス方法を公開

なにわ淀川花火大会といえば毎年恒例、夏の一大花火大会イベントの一つですよね!

最近では関西以外や海外からもあの壮大で綺麗な花火を目当てにやってくる方も多いようですね。

やはり花火大会といえば、浴衣をきて彼氏とドキドキデート、家族で屋台をぶらぶらしながら花火を見たり、友達同士で和気あいあいとお酒を飲みながらはしゃいだり、、、

大阪に住んでる人たちにとっては毎年大事な思い出を作る一大イベントです!

他の地方からこられた方からしたら一生の思い出になるかもしれない花火大会、、、

今回は関西出身の私も大好きで毎年欠かさず行っている、

そんな淀川花火大会の魅力やオススメスポットなどについて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

淀川花火のスポットのおすすめは?

淀川花火のオススメスポットはやはり屋台がメインになってきますね!

でも花火大会の会場はどこも並んでいて、、、特に牛くしや唐揚げなどは長座の列、、、お酒も買いたいのにいちいちならばなければならない、、、でもせっかくお祭りに来たのにコンビニはいや!!

 

 

そこでそんなあなたにオススメなのがちょっと花火会場から出たところにちょこちょこある出店です!

たまにいつもはご飯屋さんをしているお店が出店を出していたりします。

なので味も屋台より美味しいし、素材もいいものを使っていると思われます。

しかも少し外れているのであまり人も並んでいない!!!

そこでいろいろ買ってから花火大会の会場で食べれば並んでる間に花火が始まってしまった!!!なんて心配もする必要がありません!ぜひおすすめです。

 

 

次にやはり花火ですよね、花火はやはりどこも混み合っていますが私がおすすめするのはやはり協賛観覧席です。

ベストな状態で花火をみたい!!という方は絶対にこの席を取ることをおすすめします。

一番安い、堤防パノラマスタンドで前売り2,500円 当日3,000円です!これくらいの値段なら年に一度の思い出に一つ席をとってみるのもありではないでしょうか?

 

 

やはり穴場スポットを探して花火をみるというのも楽しみではありますが、一度くらいはしっかりとした観覧席で花火を最初から最後までゆっくりベストな状態でみてみるのもいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

淀川花火の穴場はある?

私が一番オススメするスポットはズバリ川沿いです!!

屋台が立ち並ぶ賑やかな通りを抜けてちょっと川沿いに出ると静かで不思議な光景が広がっています。

 

 

これは私は去年偶然友達とともに発見したオススメスポットなのですが、全然人がいない!!

お酒や焼きそばや綿あめなどいろいろ買いだめて川沿いで優雅に花火を鑑賞することに成功しました。

ただし、目の前に橋がかかっている場所だったので全部の花火は見えません!ですが人混みで全く見えないよりはこちらでゆっくり見た方がゆっくり楽しめるのではないかと思います。

 

 

ちょっと草が生えていたりするので気になる人は厚めのダンボールを強いて草を潰してから座るのもいいかもしれません。

あと、川がすぐそこなのであまり落ちないようにくれぐれも気をつけてください。あまり酔っ払いすぎると落ちるかも!?

淀川花火のアクセス

アクセスに関しましては一駅ほど歩くことをおすすめします。

これはどんな花火大会にも言えることですが最寄駅は必ず混雑します。

 

 

なので私はいつも行きは最寄駅で降りて、帰りは隣の駅かその隣の駅まで友達とお金を出し合ってタクシーに乗って移動しそこから電車で帰るようにしています。

それか疲れていなかったり浴衣を着ていない時は歩いて駅に向かったりします。

 

 

淀川花火大会の時は大概大阪駅までタクシーで移動します。

それかまだ終電まで時間がある場合はその周辺の居酒屋さんで一時間ほど時間を潰してから帰ることをおすすめします!

一時間違うと全然違います。居酒屋で人混みの疲れを取り、ちょこっとほろ酔いでゆっくり電車で帰った方が疲れも改善されておすすめです。

まとめ

ここまで淀川花火大会の魅力やオススメスポットを書いてきました。

穴場で見るのも良いですが、一度は有料席で花火を観覧することをおすすめします。

有料ではありますが、その分しっかりと花火を堪能できること請け合いです。

みなさんにとっていい夏の思い出になることを祈っています!

スポンサーリンク

コメントを残す