淀川花火大会の混雑を回避する方法や穴場、車の中で見ることができる場所を紹介

夏になると楽しみなのが、なにわの淀川花火大会です。

淀川花火大会は、大阪でも人気の花火大会で、毎年渋滞や混雑することでも有名な花火大会です。

その数は、毎年50万人以上の方が訪れると言われていて、昼過ぎから良い席を取ろうとしている方も多く居ます。

 

 

そのダイナミックな花火には、定評があります。そこで、淀川花火大会を楽しむためには、どんな方法があるのでしょうか。

淀川花火大会の混雑を回避する方法や、その他にも、混雑が回避することができる穴場など、詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

淀川花火大会の混雑を回避する方法はある?

淀川花火大会の混雑を回避する方法は果たしてあるのでしょうか。

結論から言うと、淀川花火大会は、梅田の各駅周辺がかなり混み合うため、花火が開始する時、あるいは終了後は激混みが予測されます。

特に、最も混雑するエリアが、阪急十三駅付近であり、これらのエリアには近寄らない方が良いと言えるでしょう。

このため、他の駅へと歩いた方が混雑を回避することが出来る可能性が高いです。

 

 

そこで、混雑を回避することが出来る可能性の高いエリアとして、地下鉄御堂筋線西中島南方駅があります。

こちらの西中島南方駅は、花火の打ち上げの場所から少し離れているエリアですので、迫力は少し欠けるというデメリットはあります。

しかし、屋台の出店はありますし、比較的混雑が少なく、空いているため、穴場としておすすめです。

16時以降の時間帯は、電車が到着するたびに、構内が狭いため、人が増加しますので、これより以前に到着して場所取りをすることがおすすめです。

 

 

また、混雑回避することが出来るエリアとしては、JR塚本駅もおすすめのエリアです。

塚本駅は、高速度於呂の高架もあり、花火が見えにくい面もありますが、比較的空いているエリアで、河川敷の西側なら夕方以降でも場所取りが十分に可能です。

 

 

また、花火目当ての客が少ない、野田駅や、福島駅などもおすすめのエリアです。

淀川花火大会の穴場

淀川花火大会を見たいけれど、どうしても混雑を避けたい…という方は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そこで、混雑が回避できる穴場エリアについてですが、やはり、先ほどの塚本駅から下りた河川敷の西側エリアであると言えるでしょう。

 

 

また、少し離れた場所でも、混雑回避できるのならば、そちらが良いというのであれば、淀川河川公園、西中島地区野球場がおすすめの穴場スポットとしても知られているエリアです。

こちらの穴場スポットは、割と場所が取れてしまうということでも知られていて、離れているけれど、打ち上げ花火はしっかりと鑑賞できるため、おすすめの穴場スポットです。

 

 

また、もう一つおすすめのエリアとして、淀川河川公園内の海老江グランド周辺のエリアがおすすめです。

このエリアも、河川敷があり、塚本エリアと同様に、夕方17時過ぎ以降でも、場所取りを容易に行うことができるエリアです。

また、混雑が穏やかなので、割とゆっくりと花火を鑑賞することが出来ると言えるでしょう。

 

 

また、穴場スポットとしても知られているのが、梅田のスカイビル展望台です。

食事もトイレも心配がなく、また会場にいく必要がないので、穴場スポットとして知られています。

離れていますが、打ち上げ花火はしっかりと観察することが出来ます。

淀川花火大会を車の中で見ることはできる?

淀川花火大会を観賞したいけれど、近くに行くのは混雑するので、車の中からみたいという方もいらっしゃると思います。

そういう方へのおすすめが、御幣島エリアです。

こちらのエリアは車が入ることが出来るエリアで、ホームセンター、または、家電量販店の立体駐車場、そして屋上などが穴場といなっていて、花火大会を車の中から、見ることが出来ます。

しかし、車で入る際には、駐車料金が必要なケースもありますので、あらかじめチェックしておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。なにわ淀川花火大会は、毎年楽しみにしている方が多いと言えます。

しかし、毎年50万人以上訪れるという花火大会なので、混雑することは間違いありません。

しかし、これらの穴場スポットなら、なるべく混雑を回避することが出来ますし、ゆっくりと花火を見ることが出来ます。

花火を見たいけれど、ゆっくりと鑑賞したいという方の場合、これらのエリアや穴場スポットで花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す