琵琶湖花火大会の場所のおすすめや穴場スポット、時間やスポット選びの注意点は?

琵琶湖大花火大会は、日本最大の湖「琵琶湖」の湖上で繰り広げられる華やかな花火大会で、滋賀県一の夏の一大イベントとして多くの人が訪れてきます。

水中スターマインや湖上噴水は琵琶湖大花火大会ならではの企画で約1万発もの花火はきっと皆さまを魅了することでしょう。

打ち上げられた花火は夜空を焦がし湖面に美しく映え、色とりどりの花火の美しさで皆様を多彩な魅力にあふれた世界へとお誘いします。

 

 

ここでは、そんな琵琶湖大花火大会を鑑賞する場所や穴場スポットと開催日時などについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会の場所のおすすめ

打ち上げられるところを目の前で見ることをご希望される方には有料観覧席がベストです。

大津港管理通路、収景緑地、他の場所で27,000席用意されています。

指定席でパイプ椅子が設置されて、障害物があまりないので、快適に鑑賞できます。

しかし、出来れば無料で、といわれる方にはこちらをおススメしたいと思います。

 

 

なぎさ公園 びわ湖ホール周辺

2017年のなぎさ公園やびわ湖ホール周辺は入場規制がされます。10時から並び初めて、14時から入場開始となります。

びわ湖ホールへの最寄り駅は、京阪石山坂本線「浜大津」駅です。

 

 

・におの浜

におの浜は、近くに特設フードコートやトイレもありますので、座って観覧するには良い場所です。

 

 

・矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

琵琶湖大花火大会打ち上げ場所から、少し東側にある人工島、矢橋帰帆島。ここからも花火はよく見えます。

電車の最寄駅からは遠く、車でのアクセスをおススメします。

琵琶湖花火大会の穴場スポット

出来るだけ混雑を避けて花火を見たい方や、夜景を見ながら花火も楽しみたい方などにおススメの穴場をご紹介しましょう。

・皇子が丘公園・皇子山総合運動公園

JR大津京駅から徒歩で10分以内に行ける場所が皇子山総合運動公園です。高台にあるので、打ち上げ花火だけでなく、琵琶湖湖畔の夜景も一緒に楽しめます。

また、皇子が丘公園は遊具が沢山あるので子供連れの方には喜ばれるでしょう。

 

 

・陸上自衛隊大津駐屯地

琵琶湖大花火の日にはグランドやヘリポートが無料開放されます。

最寄駅は京阪南滋賀駅になります。徒歩10分ほどです。

 

 

・比叡山ドライブウエイ夢見が丘駐車場

比叡山ドライブウエイの田の谷ゲートから、2キロほど上ったところにある駐車場です。

 

 

・名神高速大津SA(上り線)
高速道路上にあるサービスエリアですから、高速料金がかかりますが、大津市街や琵琶湖が一望できるのにもかかわらず、他のスポットより多少空いています。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会の時間やスポット選びの注意点

琵琶湖大花火大会の日程と花火打ち上げ時間は次の通りとなります。

開催日時:8月上旬の19:30~20:30 *荒天の場合は、同時刻に延期

日時の詳細は公式ページで確認されるのが確実です

びわ湖大花火大会公式ページは←をクリック

 

 

問い合わせ先:びわ湖大花火大会実行委員会事務局(びわこビジターズビューロー内)

TEL 077-511-1530 注)大会当日の開催に関するお問い合わせは TEL0180-99-3339

打ち上げ場所:大津市浜大津 滋賀県営大津港沖水面一帯

 

 

入場規制(制限)のあるスポットでの注意事項

・入場規制エリアの入場は、当日の14時からです。(ただし、当日の状況で変更の場合あり)

・入場待ちの方の整列場所は、「びわ湖ホール」の左側です。

・入場規制エリアでは、定員(16,000人)になったら閉鎖となります。

・「びわ湖ホール」エリアでは、カラーコーンで作られた通路での花火鑑賞はできません。

・スタッフや警備員の案内に従うこと。

まとめ

琵琶湖大花火大会は湖上から打ち上げられるので、湖の湖畔にあるホテルやショッピングセンターからでも観覧できます。

少し離れていて、湖上に上がる花火が見えにくかったりしますが、音が小さくても夜空に上がる花火を楽しむなら十分ではないでしょうか。

小さな子供さん連れや混雑が好きでない方は人の少なめな場所を選ばれたらいいと思います。

 

 

ただ、暑い時期です、水分と塩分補給できるものと虫除けやレジャーシートは忘れずに持参して下さい。

さあ、琵琶湖の夜空を明るく焦がす大花火大会をみんなで楽しまれてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す