多摩川花火大会の最寄駅や行きのアクセスの混雑や避けて帰る方法を紹介します。

多摩川花火大会は世田谷区たまがわ花火大会と川崎市制記念多摩川花火大会があわさった人気花火大会です。

そこで、多摩川花火大会の最寄駅や混雑状況、そしてアクセスの混雑を避ける方法や混雑を避けて帰る方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

多摩川花火大会の最寄駅

多摩川花火大会は世田谷区たまがわ花火大会と川崎市制記念多摩川花火大会が同時開催されていて、花火大会の規模も大きな大会で、これらの大会は両方を合わせて二子玉川の花火大会とも呼ばれています。

 

 

多摩川花火大会のメイン会場の最寄り駅は、

・二子玉川駅

・二子新地駅

の2つの駅になります。

 

 

これらの駅は当日は混雑します、特に花火大会の始まる夕方になると大変混雑します。

また、これらの駅付近には屋台なども出店し、花火大会が行われている間は非常に混雑しますので、屋台の利用を考えている場合には、花火までに余裕をもって、屋台で飼いたいと思うものを事前購入しておくことがおすすめです。

 

 

この花火大会は、2つの花火大会が同時開催されることになってからさらに規模が大きくなって、最大80万人くらいの人出が見込まれていますので、できるだけ混雑を避ける方法を工夫しながら花火を鑑賞することがおすすめです。

 

多摩川花火大会でアクセスの混雑を避けるなら

多摩川花火大会でアクセスの混雑を避けることは大きなポイントといえます。

多摩川は比較的広々としているために、都心部で行われる花火大会と比較するとまだ混雑の度合いはそれほど高くはないといわれていますが、できるだけ迫力ある花火を観覧したいという場合には、やはり人気の高い世田谷区側のメイン会場である二子玉川緑地運動場へ行くことがおすすめです。

 

 

多摩川花火大会でアクセスの混雑を避けるなら当日は、朝から場所取りが始まるため、できれば午前中に行って場所取りをしておいたほうがいいですが、14時くらいでも座れる可能性はあるともいわれています。

屋台は15:00~21:00まで出ますが、大会中はかなり行列ができますので、できれば、早めに買い物は済ませておいたり、買い出しをしてから会場へ出かけるという方がスムーズです。

 

 

このように、多摩川花火大会でアクセスの混雑を避けるなら、まずは早めに会場に入って場所を取っておくということがおすすめです。

スポンサーリンク

多摩川花火大会の混雑を避けて帰るなら

多摩川花火大会の混雑を避けて帰るのなら、人出の少ないほうの会場を選ぶことがおすすめです。

では、多摩川花火大会で混雑するのは世田谷でしょうか、それとも川崎でしょうか?

結論からいえば世田谷側のほうがより混雑するといわれています。

 

 

世田谷のほうへ行く人のほうが多く、混雑しない方へ行きたいのなら川崎で側の会場がおすすめです。

花火の規模は世田谷ほうが大きいという人も、川崎のほうが大きいという人もいます。

できるだけ混雑の度合いが少ない会場で鑑賞する方が多摩川花火大会の混雑を避けて帰るのにはおすすめです。

 

 

多摩川花火大会は観覧している時よりも花火終了後の帰宅ラッシュが凄まじいといわれており、通常なら徒歩10分の二子玉川駅まで2時間以上かかることもあります。

世田谷区側のたまがわ花火大会を対岸から見るなら花火の迫力はそう変わらず、南武線の久地駅はおすすめで、帰りもあまり混みません。

 

 

世田谷区側の方が打上数は多いといわれていますので、屋台の利用を早めに済ませてから久地駅まで移動してから対岸から世田谷区のたまがわ花火大会を見物するというのも混まないのでおすすめです。

まとめ

多摩川花火大会は多い年で100万人という人気の花火大会です。

多摩川花火大会は毎年混雑します。

そのため、早めに会場には行ったり、対岸から花火を見学するなどの工夫を行って、できるだけ混雑を避けるようにすることがおすすめです。

ゆっくり落ち着いて楽しむことができるのもいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す