福岡東区花火大会の穴場や駐車場はどこが良いのか、行き方で注意することは?!

福岡東区花火大会は福岡県福岡市東区の香椎浜沖で行われる花火大会です。

打ち上げ数は7700発というとても充実した花火大会なのです。

 

 

そこで、福岡東区花火大会の穴場や見やすい場所や福岡東区花火大会で駐車場はどこがいいのかや、福岡の花火の行き方と何時くらいに行くのがいいのという点についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

福岡東区花火大会の穴場や見やすい場所

福岡東区花火大会の花火を見るなら、できるだけよく見える見やすい場所で見たいですよね。

そこで、福岡東区花火大会が見やすい場所についてご紹介したいと思います。

 

 

花火が見やすいおすすめの場所は、まず、イオン香椎浜駐車場の屋上です。

この場所は、地元の人々にも人気がある鑑賞スポットで、キレイな花火がよく見れるという評判の場所です。

ただそれだけに、混むので早い時間に行っておくことが無難です。

 

 

また、香椎浜北公園もおすすめです。

香椎浜北公園はイオンタウンの横にある公園で、花火を鑑賞するのに目の前に遮るものがないというメリットがある穴場的なスポットでもあります。

イオンに行ったけど場所がない…という場合は、この公園ならイオンが隣なのでおすすめです。

必要な買い物も隣のイオンで行えますので便利です。

やはり、遅くなるといい場所がなくなってしまいますので、いい場所を取ろうと思ったら早めに場所を確保しておくのがおすすめです。

福岡東区花火大会で駐車場はどこが良い?

福岡東区花火大会ではイオンに駐車場が設けられます。2800台がと駐車できるイオンの駐車場は無料駐車場なので、この駐車場はおすすめです。

ただ、混みますし花火大会が終わって、駐車場から出るのに2時間かかるという人もいるので、例えば、花火中に早く出庫するなどの工夫がいるかもしれません。

 

 

貝塚駅には周辺駐車場があって花火鑑賞にも便利な駐車場があります。

ただし、当日はたいへん混みますので、交通渋滞に巻き込まれてしまって進まない…ということにもなってしまう可能性は大きいといえます。

 

 

できれば渋滞を回避してスムーズにアクセスしたいという場合、吉塚駅前にある大きい駐車場もおすすめです。

この駐車場に車を駐車して電車で会場に行くという方法があります。

どうしてわざわざ電車を利用するのかというと、その理由は混雑回避ということが挙げられます。

近くまで車で行くのも便利ですが、そうなると帰り道などがとても混雑します。

花火大会の会場周辺には交通規制などもかけられます。

そのため、少し離れたところに注射をして、電車でアクセスすると渋滞回避策になっておすすめなのです。

スポンサーリンク

福岡の花火の行き方は?何時くらいに行くのがいい?

福岡市東区花火大会は19:30~20:30頃に開催予定となっています。

会場へのアクセス方法として、

そのまま車でアクセスしたり、

JR香椎駅か西鉄香椎駅から15分歩いてアクセスしたり、

西鉄香椎宮前駅から15分歩くか、

JR千早駅か西鉄千早駅から20分歩いてアクセスする

などの方法などが挙げられます。

 

 

福岡市東区花火大会は、どこで花火観賞を行うのかということによって最適のアクセス方法が変わってきます。

どの場合も花火大会当日には例年大混雑します。

場所取りを考えているという場合、できれば当日の午前中にはアクセスしておくと安心です。

時間に十分余裕をもってアクセスをしましょう。

 

 

また、車で行く場合、夜になると通行規制も始まりますので、朝のうちから行っておくことがおすすめです。

時間が遅くなるとなるほど、駐車場も埋まってしまって場所が取りが難しくなっていきます。

まとめ

福岡市東区花火大会は福岡市内に住んでいる方は知らない人がいないといわれるほど有名な花火大会です。

いろんな方法でアクセスができますので、当日はできるだけ早めに行って、ゆっくり落ち着いて素敵な花火を楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す