ハロウィンの仮装で和風のかわいいのは何がある?化粧やアイデアでワンポイントアクセント!!

年々大規模になっていく楽しいイベント、ハロウィン!

参加者の仮装を眺めるだけでも楽しいイベントですが、折角の羽目を外せる機会、出来るのであれば、仮装にも参加してイベントを盛り上げる一人として参加してみたいところ。

今回は簡単に可愛くなれる女子向けの仮装についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの仮装で和風でかわいい物は何がある?

たくさんの人が集まるハロウィン。

折角なら、可愛く決めたいところですよね。

ハロウィンの仮装と言えば、血まみれのナースだとか、漫画やアニメのコスプレが有名です。

イベントで他の人とテーマキャラが被るのはつまらない!

外国のイベントだけど、日本らしさも取り入れたい!

今回はそんなオシャレな女子に、可愛くて判別してもらいやすい、知名度高めの妖怪の仮装アイディアをご紹介します!

 

 

・可愛い妖怪と言ったらこれ!雪女

定番の妖怪仮装と言えば、雪女です。

妖怪の出る作品でも高確率で出現する雪女は、仮装用アイテムも手に入りやすくてオススメです。

必要なのは、真っ白い浴衣や着物と、白や青の帯だけ。

丁度いい着物が見つからなくても、コスプレ衣装として近いものが販売されています。

シンプルな分だけ、アレンジもしやすいのが魅力的。

雪の結晶の髪飾りを準備したり、着物の柄に冬っぽいものを書き足してみたり。

自分らしさの追求もしやすくてオススメです。

 

 

・作るのはちょっと大変?カラス天狗(女子Ver.)

ハンドメイドや衣装作りが得意な方にもオススメしたいのが、カラス天狗です。

修験者衣装に、黒い羽飾りをつければ、カラス天狗のベースが出来上がります。

後は、下履きをミニスカートに替えてみたり、赤や黒の布やリボンで自分なりのアレンジを加えてみれば、可愛いカラス天狗になります。

修験者衣装独特のポンポンを飾りで増やしてみても可愛いです。

黒髪のままでも十分決まる仮装なので、あまり派手な色に髪を染められないお仕事の方でも安心ですよ。

 

 

・簡単可愛い、猫娘

市販の猫耳クリップと、同じ色の猫尻尾さえあれば、猫娘の完成です。

服装は、妖怪漫画を参考に自作しても、可愛らしい現代風の私服でもOK!

服や髪飾りといった要所要所に、鈴や猫っぽい飾りをリボンと一緒にくっつけていくだけで、仮装っぽい非日常感が作れます。

作りやすくて、アレンジ次第で普通っぽくも本格的仮装にも出来るので、仮装は初めての方でもチャレンジしやすいです。

簡単に準備出来る仮装なので、会社や集まりで急に仮装をしなきゃいけなくなった方にもオススメですよ。

ハロウィンの仮装は化粧で決まる!!

普段通りのメイクでも十分可愛く仮装出来ますが、出来ることならメイクにもこだわりたいところ。

そんな本格的に妖怪の仮装をしたい方にオススメなのが、お人形風メイクです。

 

 

お人形風メイクは、お肌の透明感が命です。

可愛い妖怪と言えば、人間離れした儚さ。

お人形のようなきれいな肌だと、仮装の可愛さ倍増です。

ちょっと不健康そうな色味で、肌の透明感を重視してお肌のベースを作りましょう。

チークはあえてつけないか、ベージュやオレンジを薄めに入れる程度にして、カラーレスな印象を目指すと素敵になります。

 

 

お肌が出来たら、次は目元と口元です。

可愛い仮装には、血糊はNG。

日本人形を参考に、はっきり目のアイラインや唇を目指しましょう。

黒やダークブルー、ダークブラウンのアイラインを目尻よりも少し長めに引き、アイシャドウには黒やブルー系の暗めの色か赤系のものを使うと妖怪っぽいキレイ目の目元が作れますよ。

キャットラインは妖怪の仮装とは相性抜群です!

口紅には暗目のワインレッドや、真っ赤なものがベスト。

自分の顔に合わせて、目元か口元に注目を集めるようにメイクしてくださいね。

 

 

カラコンや特別なメイク道具なんてなくても、手持ちの道具に少し買い足すだけで妖怪風のメイクは出来ちゃいます。

気軽に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

ハロウィンの仮装のアイデアーワンポイントアクセント

折角仮装をしたからには、写真を撮ったり色々と楽しみたいですよね。

そんなときにオススメなのが、ぬいぐるみなどの少し大きめの小道具です。

 

 

雪女なら雪だるま、猫娘なら猫のぬいぐるみなど、仮装と関連してるけど和風っぽくないアイテムがオススメです。

和風一色で揃えるよりも、ちょっと外し目のアイテムがあれば、いい意味で目立つこと間違いなし。

 

 

なんでそれ持ってるの?!と聞かれたら、会話のチャンス到来です。

仮装イベントの醍醐味は、普段とは違った人とも距離が近くなるところです。

普段とは違った面を見れたり、色々な発見がありますが、仲良くない人との話題選びほど困るものはないですよね。

そんな時にネタに出来る小物があれば、会話が苦手な方でも大丈夫。

小物が勝手に話題になってくれます。

勿論、目を引くので写真用の小物としても大活躍しますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大人も子供も楽しめるハロウィン。

可愛い妖怪の仮装で気軽に楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す