暑中見舞いの上司への例文と書き方やマナー、気をつけたい事はどんな事?

暑中見舞いと言えば、子供の頃、学校の担任の先生から夏休みになると届いていたのを覚えていると言う人が多くいるのではないでしょうか。(私の頃はそうでした。)

暑中見舞いとは、一番暑い時期に友人やお世話になった人の相手の安否確認や状況確認を報告する案内の手紙になります。

 

今ではインターネットの普及が当たり前になり、手軽な事から年賀状や暑中見舞いをメールで済ます上司へ暑中見舞いを送る時には、8月中にはだすようにし、上司から送られてくる前に先回りをして先に送っておくほうが良い印象を与えます。

これから社会人として一歩を踏み出す人は、ビジネスにおいて暑中見舞いや年賀状を出す機会が多くなってきます。

 

目上の人に失礼にあたらない様にマナーや気をつけることをしっかり確認してから手紙や、ハガキを送るようにしましょう。せることが多くなってきましたが、社会人になったら、お世話になっている方や上司には、昔から伝わる季節の案内状を送るほうが印象がよくなります。

立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えましょう。

暑中見舞いは送る時期があり、だんだん暑くなってくる7月7日頃から8月6日が一般的です。

スポンサーリンク

暑中見舞い 上司への例文

まずは例文を1つ

・文例
暑中見舞いお伺い申し上げげます。
暑い日が続いておりますが、●●様は体調を崩されていないでしょうか。

私どもは
新しい家族も増え、元気に過ごしております。

このたび、住み慣れた●●を離れ、左記住所に引っ越しをしておりますので、お知らせいたします。

近くにいらした時は、是非お立ち寄りください。

まだまだ暑い日が続きますので、お身体には十分ご注意くださいませ。

あくまで凡例ですが大体このような感じです。

暑中見舞い 上司への書き方

暑中見舞いには、基本的な書き方の順番がある程度決まっています。

基本となるのは、

1、見舞いの挨拶の言葉

2、時候の挨拶を入れる

3、自分の近況の報告をする

4、相手の状況や健康を気遣う言葉を入れる

5、最後に忘れず日付をいれます。

仕事で上司に送る暑中見舞いは、しっかりと手書きで書くと誠意も伝わるので、手書きにしましょう。

スポンサーリンク

 

上司に暑中見舞いを送る時にはポイントがあり、一般的始まりの挨拶の文章は、暑中見舞い申し上げますですが、これは上司には避けるようにします。

見舞いと言う言葉は、目上の人の人が安否を確認するために使う言葉になるので、上司には、暑中お伺い申し上げます。を使うのほうが礼儀正しい印象があります。

 

暑中見舞いは、長々しい文章は必要ありませんが、短い言葉でも自分の近況を報告し、最後には忘れずに、日付を記入し、季節を表す盛夏を入れるようにしましょう。

暑中見舞い 上司へのマナーや気をつけたい事

上司への暑中見舞いでマナーや気をつけることは、小暑時期から大暑のあいだに出すようにします。

上司は目上の人になりますので、カラフルなものより、白い手紙、白い便箋で送りますが、夏の季節を表した涼しさを表すようなハガキも良いとされています。

ビジネス用なので、派手なハガキやキャラクターは避けるようにしましょう。

上司にあてる暑中見舞いの宛名には、フルネームで名前の後に様をつけます。

肩書きがわかる場合は、部長、社長、課長と書き、肩書きの後に様を付ける必要はありません。

暑中見舞いの上司への例文と書き方やマナー、気をつけたい事はどんな事?まとめ

上司へ暑中見舞いを送る時には、8月中にはだすようにし、上司から送られてくる前に先回りをして先に送っておくほうが良い印象を与えます。

これから社会人として一歩を踏み出す人は、ビジネスにおいて暑中見舞いや年賀状を出す機会が多くなってきます。

目上の人に失礼にあたらない様にマナーや気をつけることをしっかり確認してから手紙や、ハガキを送るようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

暑中見舞いに関しての記事をまとめました←クリックでページを移動します。
          ↓クリックで移動します↓

コメントを残す