札幌ホワイトイルミネーションの点灯時間と期間は?口コミやジンクスも掲載

雪が降るとイルミネーションの明かりに照らされ、他ではなかなか見る事の出来ない幻想的な夜景が広がる「札幌ホワイトイルミネーション

雪が降らなくても、大通公園に敷き詰められたブルーのイルミネーションは思わず見とれてしまうほどの綺麗さです。

ここではいくつかの会場を中心に行われる「札幌ホワイトイルミネーション」の
会場別の開催期間点灯時間、口コミやイベントにまつわるジンクスを掲載しています。

行ってみようか考えているのなら、口コミなどを一度見てみて下さい。

スポンサーリンク

札幌ホワイトイルミネーションの点灯時間と期間は?

開催期間と点灯時間
会場別の開催期間

大通公園
2016年11月18日
〜12月25日

駅前通り
2016年11月18日
〜2017年2月12日

南一条通り
2016年11月18日
〜2017年3月14日

点灯時間
16:30~22:00※12月23日~25日は24:00まで点灯しています。

大通公園は開催期間が短く、クリスマス時期はかなり混雑するそうなので、混雑を避けたい方は、早めに行く事をおすすめします。

スポンサーリンク

札幌ホワイトイルミネーションの口コミ大公開!!

足下注意
夜になると真っ暗な大通公園ですが、イルミネーションが灯りだすと「この時期がきたなぁ」という気持ちになります。
ただ、毎年同じイルミネーションが多く、1度見たらもういいかな・・・って思う内容なのが残念です。
また、冬時期なので大雪の際は見れない事や、多くの地元民や観光客がいるため、雪が踏み固められ、スケートリンクのような状態の地面で見なければならないなど、リスクもあります。
また、地元民の都市伝説として、カップルで見ると分かれるという噂もあるようです。
テレビ塔からの眺めが感動的
ホワイトイルミネーションを見に行くならやっぱり大通公園がお勧めです。
地元にいるとなかなか上ることのないテレビ塔ですが、この時期は絶対に展望室に行くことをお勧めします。
真っ白な街並みに輝くイルミネーションは感動的です。この真っ白な街並みとのコラボレーションが本当に素晴らしいのです。
ホワイトイルミネーション開催中は大通公園やすすきの、札幌駅前などあちこちキラキラしていて、雪が降ってくれば星の中を歩いているような感覚です。たしかにすごく寒いので防寒対策は必須ですが、寒さを忘れるほどの美しさですよ!
雪と電飾の相性がgood
あまりイルミネーションには興味がなかったのですが。
札幌に旅行に行った際に、見てきました。電飾がとてもきれいで、ロマンチックで幻想的。
雪と電飾はとても相性が良いことを知りました。
うっとりとするほど美しく、凛とした空気が電飾を引き立てている感じがしました。
しかし、カップルが多くて、一人で行った私は少し浮いてる感じが(^0^;)
ちらほらと家族連れも見かけましたが、7割はカップルといった状態でした。来年は誰かと一緒に来たいと思いました。
本州から来る方も
札幌のホワイトイルミネーションは、大通公園、札幌駅前通りなど様々なところで行なわれます。
大通公園のホワイトイルミネーションは全国的にも有名で、LEDを用いて、様々な色の演出をしています。その年に流行ったものをイルミネーションにしたりと、楽しみかたも毎年違ってきます。
札幌のホワイトイルミネーションは、さっぽろ雪まつりが行なわれる時期もやっているので、非常に魅力的です。わざわざ本州からイルミネーションを見に来る方もいます。とてもおススメです。
スポンサーリンク

札幌ホワイトイルミネーションのジンクスとは

とっても綺麗な札幌ホワイトイルミネーションですが、
カップルで見ると別れる!!と言うジンクスがあり、見に行くのを躊躇する方もいるようですが、そもそも根拠のある物ではないため、気にする必要は無いと思います。

ジンクスの中には科学的な根拠が裏付けられた物もありますが、大抵は迷信です。

札幌ホワイトイルミネーションの場合は
見に行った後に別れた人が何か原因を考える中で、同じように別れた人の話を聞き(見に行き、喧嘩したなど)、それが広まったのだと思います。

二人で見に行きたいが、ジンクスが気になるというのなら、一度見に行った事で別れる原因が出来るか考えてみると良いでしょう。
口コミにもある様に、気にせずに見に行っているカップルも多いようです。

もし見に行かれた後に別れられたとしても責任は負いかねますが(^0^;)

まとめ

札幌で開かれるホワイトイルミネーションは雪が積もった時に行くと、光りが雪に淡く反射し、雪の積もる地域でしか見られない、とても幻想的な夜景を見る事が出来るでしょう。

入場料はかかりますが「さっぽろテレビ塔」は、イルミネーションなどの夜景が一望できるおすすめのスポットです。

スポンサーリンク

コメントを残す