暑中見舞いのお客様宛の書き方と例文やマナーで悩んでいるなら

暑中お見舞いは、年賀状と並んで一年の節目のあいさつとして大切な日本の慣習です。
親や友人、上司、先生、顧客など、相手によって距離感や内容も異なります。
その中でもお客様に差し出す暑中お見舞い状は、失礼のない書き方が重要になります。

 

ここでは仕事のお客様宛の暑中見舞いの書き方などで悩んでいる方に向けて書きましたのであなたが悩んでいるのであれば読んでみて下さい。

スポンサーリンク

暑中見舞いのお客様への書き方

お客様相手の暑中お見舞いの書き方は、基本的に次の項目順となります。

まず当然ですが、冒頭は「暑中お見舞い申し上げます」で書き出します。

そして次に時候の挨拶を述べます。

本題に入り、自分や自社の近況報告、ならびに最新のセールスや商品の話題、お客様に提供したサービスについてのお伺い、などを盛り込みます。

最後に、猛暑のさなかにお客様の体調などを気遣う文言で結びの言葉とします。

 

近況や営業報告と、お客様へのお伺いについては、順番は入れ替えることも可能です。
そして一番最後には、年号と「盛夏」、あるいは日付を記載します。

暑中見舞いのお客様への例文

ここで例文を一つ

 

・文例
暑中お見舞い申し上げます。

平素はひとかたならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。
酷暑の毎日ですが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、私どもでは、7、8月に「暑さ吹き飛ばせ! ミッドサマーセール」を例年通り開催いたしております。
皆様のお越しを従業員一同心よりお待ち申し上げております。
炎暑の中、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
今後とも一層のお引き立てのほどお願い申し上げます。

平成○○年 盛夏

 

この様にイベントやセールなどを行っているならそれを入れていく事で売り上げにも貢献する事ができますので積極的に入れていきましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いのお客様宛の書き方のマナー

暑中お見舞いは、基本的に、おおむね7月下旬から立秋(8月7日)の前日までに送るのがマナーです。
8月7日を過ぎると、「残暑お見舞い」となります。このことはビジネスでも最低限の常識ですので気をつける必要があります。
また、「暑中お見舞い申し上げます」が定型となっている形式ですので、このほかに「拝啓~敬具」や、「前略、早々」、「こんにちは」などのあいさつの文言は不要です。
文章の順番もおおむね決まっていますので、丁寧な文言、お客様を立てる敬語表現に気をつけさえすれば、比較的書きやすい書状スタイルだといえます。

 

冒頭の「暑中お見舞い申し上げます」は、やや大きめのフォント、あるいは強調文字で記載するとよいでしょう。
時候のあいさつについては、あまりマンネリな杓子定規なものではなく、その年々の事情を踏まえた書き方のほうが、心が伝わりやすい丁寧な文章になります。
例えば「今年は冷夏で作物の具合が心配されます」、「台風続きで往生するこの頃ですが、ご被害などございませんでしょうか」といった具合いです。

 

ビジネスのお客様、取引先に差し出す書状では、主眼としては、お客様の近況をお伺いするとともに、自社の新しいサービスや活動などを知って頂き、引き続いてのご愛顧をお願いすることにあります。
このため本題部分では、こうした具体的なセールストークをさりげなく盛り込むことも一般的です。
お客様との関係にもよりますが、あくまでお客様の近況を伺った上で、大げさでなく自社の活動を記載することが大切です。
そしてあくまでも失礼のないよう、正しい日本語表現や敬語に注意して書くことが求められます。

暑中見舞いのお客様宛の書き方と例文やマナーで悩んでるならまとめ

お客様に対する暑中お見舞いの書状は、まず何よりも失礼のないマナーと書き方、内容が大切です。
営業活動の一環ですから、お客様に常に自社のマナーや態度を見られていることを意識しなければなりません。
書き方自体は定型的な内容ですので、比較的書きやすいといえましょう。

スポンサーリンク

 

 

暑中見舞いに関しての記事をまとめました←クリックでページを移動します。
↓クリックで移動します↓

コメントを残す