新盆の準備や挨拶ほか進め方のマナーや決まりはどうする?

新盆ってなに?
故人のはじめてのお盆って普通のお盆と何か違うの?という方も多いと思います。

ここでは新盆の準備や挨拶、進め方のマナーなどをかいています。

新盆に関するほかの記事を読むならクリック
↓     ↓     ↓

 

 

スポンサーリンク

新盆の準備は何をすればいいの?

地域や宗派によって呼び方もする事も異なりますが、一般的な事柄を紹介します。
まず、呼び方ですが新盆(しんぼん・にいぼん)・初盆(はつぼん)と呼ばれ故人が49日を迎えた後のはじめてのお盆のことです。
毎年8月(旧暦だと7月)に故人の霊が帰って来るのを迎え送ってあげるという儀式のことをお盆と言います。

 

通常のお盆よりも初めてのお盆は丁重に供養するとされており多少違いがあります。
新盆では故人の霊が迷わず帰ってこれるように白い提灯で迎えます。
通常は絵が入った派手めのものを使用したりしますが
初めてのお盆なので無垢を表し白を使います。
現代ではLED電球が内蔵されていたり、簡略化されたものも多くあります。

お坊さんを呼んで読経してもらったり、
精霊棚と呼ばれる棚を用意したり、
お供え物のお団子を用意したり、
最近ではスーパーでもよく見かける馬と牛をきゅうりとナスで表した精霊馬を準備します。
おがらと呼ばれる松や麻幹で迎え火、送り火をします。
このおがらも最近ではあちこちで見かけますが、
長いのを細かく切るのは繊維が豊富なため一苦労ですので短くカットされているものを購入すると良いと思います。

新盆の挨拶は何か言わなければいけない事がある?

招かれた際は御香典をお待ちし、招いてくれたことへのお礼を申し上げます。
そして手短に供養に参りましたということとお線香をあげたいと言います。
また、生前に故人が好きだったものを持参すると話のタネになります。
故人にとっては生前の友人や家族、仕事仲間が自分の話をしてくれることが一番の供養となるそうです。

スポンサーリンク

新盆の進め方のマナーや決まりは?

まずお盆の入りには故人を迎えるべく、迎え火をします。
麻幹のおがらに火をつけて煙を上げ、それを目印に故人の霊が迷わず帰ってこれると言われています。
現代はマンションに住む方も多いので省略されがちですが、可能であればお迎えする気持ちを忘れずに煙を上げてあげるのが良いとされています。
また日中はお墓参りに行き、お墓のお掃除や手を合わせながらお迎えする準備ができていると伝えるようにします。
法要としてお坊さんに読経を上げて頂きその日はお線香を絶やさずに故人との昔話をすると良いとされています。
お供え物やお盆用の故人のお食事を用意してあげるとなお良いと思います。
お盆が終わるときは迎え火とは逆にきゅうりとナスで作った精霊馬に乗ってお気をつけてお帰りくださいまた来年もお待ちしてます。という気持ちで同じようにおがらで送り火をします。
白い提灯を一緒にお焚き上げする事もあります。

新盆の準備や挨拶ほか進め方のマナーや決まりはどうする?まとめ

新盆だから、と気を張る必要はないと思います。
提灯や迎え火、送り火やお線香も小さな子供がいる家庭は危ないのでできない事もありますよね。
その場合はLEDのものや省略することもあります。
お墓も遠かったりして行ってあげられないこともあると思います。
大切なのは故人様をお迎えしたわいもない話で故人様を思い出してあげること、帰る家はここですよと安心させてあげて送り出すということ。
弔う気持ちが大切です。
また、お盆の時期は夏なので虫が多く、窓から入ってきたりするかもしれませんが殺生を控えるという意味で殺さずに逃がしてあげるとより良いと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す