新盆の香典の相場と書き方やマナー ほかに持っていくものはあるのかを知りたいなら!!

新盆(にいぼん)とは、四十九日を過ぎた後、初めて迎えるお盆のことです。初盆(はつぼん)も同じ意味となります。

 

新盆は、親族のみならず故人の友人知人なども参列することもある、僧侶を招いて執り行われる喪明け後の本格的な法要です。ですから、この時の香典の金額や、香典袋の種類・書き方、またお供え物について、失礼が無い様にと何かと迷う事が多いでしょう。
お葬式の際とはまた違ってきますから、一般的な方法について説明します。

新盆に関するほかの記事を読むならクリック
↓     ↓     ↓

 

 

スポンサーリンク

新盆の香典の相場はいくら?

香典の金額は、自分の年齢及び故人と自分との続き柄などの関係によって違ってくるので一様ではありません。

 

例えば故人が少し血縁の遠い叔父・叔母の場合、自分の年齢によって三千円~五万円ですが、両親になると一万円~十万円と相場が高くなります。
また一方で故人が両親・義理の両親の場合においても、自分の年齢によって相場が違い、二十代であれば一万円~五万円なのが五十代以上なら相場の最高が十万円と相当な幅があります。
概ね五千円から一万円が相場の中心と考えて、故人との関係と自分の年齢を加味して判断することになります。
職場関係では千円~一万円、友人・知人・ご近所は二千円~一万円が相場になっています。

 

また法要後には食事が振舞われることが多いのですが、これに招かれている場合には、一人当たり三千円~一万円で出席する自分たちの人数分を香典に加え、死苦を表す数字の4と9にならない様に切の良い金額にします。

新盆の香典袋の書き方やマナー

初盆の香典袋の表書きが、葬式とは違うので注意しましょう。葬式では「御霊前」でしたが、四十九日を過ぎると「御仏前」に変わります。またお供物を現物の代わりに現金でする場合「御供物料」ですが、これで「御仏前」に代えても差し支えありません。

スポンサーリンク

 

文字は濃い墨で、名前はフルネームで書きます。夫婦の場合、夫の名のみでも連名でも構いません。職場・友人など複数人でまとめる時には、○○株式会社や○○会一同、友人一同などとし、各人の名前・住所のリストを同封します。
またお返し辞退の場合は、「些少では御座いますが故人の墓前にお供え下されば幸いです。恐縮ながらお返しなどお心遣いはご辞退申し上げます。」など一筆を入れておきます。

 

水引は黒白・双銀・藍銀・黄白の結び切になります。
入れるお札はヨレヨレ、汚れ、破れは論外ですが、キレキレの新札も敬遠される場合もあり、新札を二つ折りにして一度折り目を入れて、向きを揃えて入れるのが無難です。

新盆に(香典のほかに)持っていくものはある?

香典と共にお供えとして品物を持参することもあります。しかし最近ではあまり必要でない品物よりも現金の方が良いという考え方も増え、香典とは別に現金をお供え料の形で納めても構いません。

 

品物の場合には、線香・ろうそく・抹香など法要や普段に使う御仏前用の品や、お酒・日持ちのする菓子類・瓶缶入りの果物や飲み物などが良いでしょう。生ものなどは扱いに困ることもあるので避けた方が無難です。

 

また土地柄や家柄によっては、盆提灯を飾ることもあります。提灯を贈る場合は、その土地の業者に土地柄・家柄に合ったものを依頼しますが、最近では現金で「御提灯代」をお供えするようになってきています。

新盆の香典の相場と書き方やマナー ほかに持っていくものはあるのかを知りたいなら!!まとめ

以上は新盆での香典やお供え物についての極々一般的な知識ですが、この類のマナーや常識は、その土地、家庭、宗旨、人によって千差万別です。
そういう意味では、普通は・・・という考えだけでは通用しない場合も出てくる可能性があります。
失礼や支障の無い様に、親や祖父母、叔父叔母など年長の方と相談しながら、互いに不快な思いをしない様に気を付けることが肝要です。
そして最も大切なのは、故人を敬って供養する気持ちをもって新盆に臨むということです。

スポンサーリンク

新盆に関するこれまでの記事を探しやすいように目次を作りました。

新盆のほかの記事を探しているなら←クリックで移動します。
↓   ↓   ↓

コメントを残す