新盆の香典の相場 親族はいくら?お供え物の相場やマナーも

四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆を新盆、或いは初盆といいます。

新盆は普通のお盆とは違う部分もあり、戸惑う人も多数いる事と思います。

そんな方々のために新盆の香典やお供え物の「相場」や「マナー」といった疑問について説明していきます。

 
新盆に関するほかの記事を読むならクリック
    ↓     ↓     ↓

 

スポンサーリンク

新盆の香典の相場 親族はいくら?

香典の相場は地域性や法要の内容・規模、各々の家庭によって振れ幅が非常に大きくなりますが、基本的には親族の場合
「5千円~2万円」が相場となります。
香典の金額は5千円・8千円・1万円・2万円のようにキリのいい金額にする必要があります。
また、法要の出席者には引出物が用意されるため、夫婦で法要に出席する場合は一般的に相場の2倍の香典を用意し、1万円・2万円・3万円というようにキリのいい金額となるようにします。

 

 

法要の後には、「お斎」という食事会が催される場合があります。お斎に出席する場合は、食事の分も香典の金額に人数分上乗せする必要があり、一般的にその相場は
「3千円~1万円」
となっています。また、香典と食事代を合わせた金額がキリのいい金額となる様にする必要があります。

 

 

モデルケースとして、夫婦がお斎に出席する場合の最低金額の香典はつぎのようになります。
基本的な香典代は
夫・5千円+妻・5千円=1万円。
香典との合計額をキリのいい金額にするため、夫婦二人で出席する場合はお斎の代金の最低金額が上がり
夫・5千円+妻・5千円=1万円。
となり、最低でも2万円が香典に必要となります。

新盆のお供え物の相場は?

通常のお盆では物品をお供え物として贈る事が一般的ですが、新盆では
1.香典をお供え物として贈る
2.通常のお盆と同じように物品だけ贈る
3.香典に加え、お供え物として物品も贈る
の3パターンがあります。ここでは物品について説明していきます。

 

 

一般的に物品の相場は「3千円~5千円」(相手が親しい場合は1万円の時もあります)となります。
お供え物を選ぶ際は五供(ごく)と言われている香・ローソク・花・浄水・飲食の5つを基本に考えます。一般的には贈答用のお線香・ローソク、花、季節の果物、贈答用の日保ちするお菓子や乾麺、昆布、海苔などが選ばれています。

 

 

ちなみに、地域や各家庭によっては「白提灯」を飾る場合があります。この場合、提灯その物をお供え物とは別に贈る場合がありますが、基本的にはお金を提灯代として贈ります。その相場は基本的に「1万円」となります。

スポンサーリンク

新盆のお供え物のマナー

最初に、香典について説明していきます。

 

1.香典に使用する紙幣には新札は使用できません(使い古された汚れた紙幣も失礼ですので使用できません)。新札しかない場合は二つ折りにするなど折り目をつけてから、紙幣の向きを揃えて包みます。

 

2.香典を用意する際は
「9千円・4万円」
といったように4と9のつく金額は絶対に避けましょう。これは「死・苦」といった言葉を連想させてしまう忌み数のためです。

 

3.お金を入れる中包みの裏面には住所・氏名・金額を書きます(サインペンで書いてもかまいません)。金額は漢数字を用いて
「金一万円または金壱萬円、金壱萬圓」
といった書き方をします。

 

4.香典を包む際、不祝儀袋は必ず
「結び切りの水引」
となっている弔事用を用います。水引の色は白黒或いは双銀、藍銀(関西では黄伯・黄銀)となります。

 

5.不祝儀袋の表書きには濃い墨を用いて
「御仏前」「御佛前」「御供物料」
などと熨斗袋の表側上段真ん中に書きます。
表書きに署名する際は、自分の名前を不祝儀袋の表側下段真ん中にフルネームで書きます。
夫婦の場合は基本的に夫の名前だけを署名しますが、故人と縁が深い場合は連盟にします。署名する際は、不祝儀袋の表側下段にフルネームで書き、妻は夫の左側に名前だけ署名します。
提灯代を贈る際には基本的に香典と同じ不祝儀袋・中包みの書き方をします。不祝儀袋の名目は「御提灯料」、或いはより丁寧な「新盆献灯料」
とします。

物品をお供え物として贈る場合は

1.外側から見て誰からのお供えかわかるように外熨斗にします。水引は白黒などの弔事用のものを選びます。

 

2.熨斗紙の表書きは、上段真ん中に「御供物」または「御供」と書きます。署名は香典の不祝儀袋と同じです。

新盆の香典の相場 親族はいくら?お供え物の相場やマナーもまとめ

マナーは非常に大切なものです。
「マナーがしっかりしていなくても故人を悼む気持ちさえ伝われば大丈夫」などという人がいます。
しかしそんな事では自分の気持ちは遺族や故人に伝わりません。香典の金額を多くしたとしても同じです。

香典の金額は自分に無理のない額でかまいません。不祝儀袋などを書くときの字を丁寧に書き、最低限のマナーをしっかりと守る事で故人を悼む気持ちを表現しましょう。

スポンサーリンク

新盆に関するこれまでの記事を探しやすいように目次を作りました。

新盆のほかの記事を探しているなら←クリックで移動します。
↓   ↓   ↓

コメントを残す