大阪 光の饗宴 御堂筋とプロジェクションマッピングの期間や口コミは?

とても広い範囲で行われる大阪のイルミネーションイベント、「光りの饗宴
このページではメインの会場となる
御堂筋とプロジェクションマッピングの期間や時間、
口コミなどを掲載
しています。

少しでも気になっている方はぜひ、口コミを見て下さい。

スポンサーリンク

大阪 光の饗宴 御堂筋の期間や時間は?

開催期間や点灯時間
開催期間
2016年11月20日(日曜日)
~2017年1月09日(月曜日・祝日)

点灯時間
17:00頃~23:00
※暗くなり始めてからの点灯になると思われます。

8つのエリアがそれぞれの色の光りで装飾された御堂筋を歩きながら、大阪の街を楽しめるイベントです。
他にも沿道のビルやお寺などもライトアップされるようです。

エリアやライトアップされたビルの詳細は公式ページよりご確認下さい。

大阪 光の饗宴 プロジェクションマッピングの期間や時間は?

芸術大学の学生が制作したプロジェクションマッピングを大阪府立中之島図書館に映し出すイベントです。

開催場所や日程と開催時間
開催場所
大阪府立中之島図書館

開催期間
2016年12月14日
~2016年12月25日

開催時間
平日  :午後7時~午後9時15分

土日祝日:午後6時~午後9時15分

開催時間から30分毎に開催されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪 光の饗宴の口コミ大公開!!

中央公会堂のプロジェクションマッピングが好き
毎年楽しみにしている年末のイベントで、神戸ルミナリエに匹敵する人気があります。私は特に中央公会堂のプロジェクションマッピングが好きで、毎年必ずここは見に行きます。クリスマスらしさを強調するものや、和風の画像を映し出すものなど、年度によって様々な工夫がされており、毎年来るリピーターも飽きさせません。この入り口に並ぶアーチのイルミネーションも美しく、何列にも連なる光のアーチが寒い夜に温かみを添えてくれます。
とても煌びやか
大阪イルミネーションイベント光の饗宴を見に行きました。
私の行ったのは御堂筋イルミネーションです。
北浜3丁目交差点から船場中央交差点までの御堂筋沿いに並んでるイチョウ並木に沢山のイルミネーションが飾られててとても煌びやかでキレイでした。
単調に飾り付けてるだけでなく、場所によって色を揃えたりイルミネーションのボリュームに変化をつけたりしてるので飽きずにずっと見れました。
移動手段は徒歩で御堂筋の歩道を北浜から船場まで移動し、帰りは反対車線の歩道に渡って徒歩で戻りつつイルミネーションを見ましたが行きと帰りで風景も変化しますし見ごたえ十分で満足しました。
季節が冬場と寒いのが気になりますが、機会があればまた是非行きたいです。
中之島スマイルアートプロジェク
大阪・光の饗宴は2013年から大阪府と大阪市と関西財界により構成された水と光のまちづくり推進会議の主催により、毎年行われている大阪最大の広域に渡るイルミネーションイベントです。
このイベントの構成は、御堂筋の梅田から難波までのイチョウ並木を彩る御堂筋イルミネーションとOSAKA光のルネッサンスと銘打って市内や府内の各所でイルミネーションイベントの開催を統括的に企画されたもので構成されます。
その中でも、御堂筋イルミネーションと合わせて見学されるなら、中之島会場で行われる中之島スマイルアートプロジェクト光の実(2016年は12月14日から25日まで)がお勧めです。
御堂筋イルミネーションは、御堂筋を8つのエリアに分け、各エリア毎に御堂筋を彩るイルミネーションの色が変化し、ゆっくりと散策するのが楽しいイベントです。
また中之島スマイルアートプロジェクトは、光のオブジェが多数展示され、また光にちなんだワークショップが毎夜開催され、出店もあり子供づれでの鑑賞もお勧めで、あたたかさと幻想的な夜景を楽しむ事が可能です。
彼女も大満足
ゆっくり歩きながら回ると、イルミネーションの世界に引きずり込まれるみたいでとても楽しかったです。
近くで見ると面白い、少し遠くからみると幻想的で不思議な感情が湧いてきます。
自分が特によかったのは、木が1つ1つまで丁寧に飾られていて、イルミネーション空間としてとても完成度が高かったと思いました。
もうちょっと洋風に統一してくれた方が全体の雰囲気はよかったと思いますが、それでも十分に満足できました。
一緒に行った彼女も大満足のようです。

まとめ

口コミでも高評価の「大阪 光りの饗宴」は、まだ3年目と新しいイベントですが、
評価は高い良いです。

開催期間中は混雑し、駐車場が満車になる事もありえますので、遠方からお越しの方は、近場の駅周辺までは車で行き、そこからは公共交通機関を利用する事をおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す