七夕の料理の伝統と由来やレシピ

七夕には昔から伝わる風習や由来があると言われています。

意外にしられていないのが、七夕に食べる食べ物です。

行事事には何にでも、意味や由来があります。
七夕のことを良く知らない人は、七夕の意味や由来をきちっと知り、願いごとをしてみませんか。

スポンサーリンク

 

 

↓ほかの七夕に関しての記事を読みたいのなら↓

七夕の料理で伝統的に食べられているのはなに?

七夕と言えば、五節句の一つで、七月七日の夜に彦星と織姫が、年に一度だけ会う日で知られています。

七夕の日になるとやることといえば、ほとんどの家庭では、短冊に願い事を書いて笹につるすことではないでしょうか。

七夕は笹に願い事を書くのは有名ですが、七夕の日に食べる伝統的な食べ物はあまり知られていません。

日本では地域によって、七夕の日にそうめんを食べる風習があります。

この風習は、古くから伝統的にあり、平安時代からのものになります。

実際に七夕の日には、そうめんの日と、全国乾麺共同組合連合会と言う団体が、そうめんの日を設定して広く伝わるように取り組んでいます。

七夕料理の由来

地域によっては七夕にそうめんを食べる風習があり、七夕の日にはそうめんを食べている人達も多くいると思いますが、七夕にそうめんを食べるようになった由来を知っている人はどれぐらいいるでしょうか。

七夕のそうめんは、千年も前からの行事食で、そうめんは中国から伝わる索餅という、小麦粉料理だといわれています。

索餅とは、小麦粉と餅粉をこねたものを揚げたお菓子のことで、中国の昔からの事柄によると、皇帝の子供が高熱が出る病気を流行らせ、7月7日に亡くなりました。

流行りの病気を治めるために、皇帝の子供の大好物の索餅をお供えすることになりました。

スポンサーリンク

中国から伝わり、七夕に病除けを願って索餅を食べるようになったのですが、日本ではそうめんを食べるようになっていきます。

索餅は硬いので食べにくかったので、柔らかくて舌触りが滑らかで、誰でも食べやすいそうめんが七夕の伝統料理になっていきました。

他にもそうめんは長いので、織姫と彦星が会う、天の川にたとえ、織姫のように裁縫が上手になるように、そうめんを糸に見立ててたべます。

色がついているそうめんは、五色の短冊と同じで、陰陽五行説の五色に厄除けの意味が込められています。

七夕料理のレシピ(アレンジ)

暑い夏にそうめんは、定番の食べ物ですが、七夕の日に食べるそうめんは、織姫と、彦星の幸せを願って、そうめんもおしゃれに可愛くつくってみてはいかがでしょうか。

そうめんに、うずらの卵に、顔をみたて、織姫と彦星をつくります。

卵やきゅうりやハムは星型にきると可愛いキャラクターに子供たちも大喜びになります。

大人には、サラダ感覚のそうめんで、夏野菜のきゅうり、なす、トマト、オクラなどをかざります。

七夕パーティーには、トマトを器にして、そうめんを入れ、海老や大葉をのせるとおしゃれなそうめんになります。

七夕の料理の伝統と由来やレシピまとめ

まだ、七夕の日にそうめんを食べた事がない人は、今年の夏には、家族でそうめんをアレンジしたものを囲み、彦星と織姫の出会いを祝い、家族の無病息災を願い、特別な七夕の日にしてみてはいかがでしょうか。

意外に七夕の伝説は知られていないので、お友達や子供たちに教えてあげると喜ばれると思います。

スポンサーリンク

 

 

↓ほかにも七夕に関しての記事を読みたいのなら↓

コメントを残す