七夕の料理は何がある?伝統的なメニューやおすすめのデザートを紹介します!!

七夕の料理といえば、なにを思いつきますか?
お正月はおせち、クリスマスはクリスマスケーキとわかりますが、七夕料理は特にないと思っている人が多いようです。

地域によっては、七夕の日にお正月のように、日本伝統の七夕料理を食べる習慣があります。
七夕が来たら、短冊に願い事を書くのと一緒に、七夕の料理も楽しんでください。

スポンサーリンク

 

 

↓ほかの七夕に関しての記事を読みたいのなら↓

七夕の料理と言えば何がある?

七夕の料理で最も有名なのは、そうめんです。
七夕祭りで有名な仙台に、七夕の日にそうめんを食べる習慣があったため、全国に広がりました。

仙台の七夕祭りは動員数200万人以上、東北6県の夏まつりの中で青森ねぶた祭りに次ぐ人気です。
仙台の七夕の食の習慣が全国にひろまったのは、自然な現象と言えるでしょう。

仙台の七夕でそうめんを食べるようになったのは、平安時代の宮中の習慣が現代に伝わったためという説があります。
奈良時代の宮中には、七夕に索餅(さくへい)を、平安時代の宮中には七夕にそうめんを食べる習慣があったためです。

七夕の料理で伝統的に食べられているのは?

索餅は、奈良時代に中国から日本に伝わった小麦粉のお菓子です。
「索」とは縄をなうこと。縄を編んだような形をしているので、索餅と呼ばれています。

古代中国には、7月7日になくなった帝の御子を祀るため、御子の好物だった索餅を供える習慣がありました。
そこから「7月7日に索餅を食べると1年間無病息災ですごせる」という言い伝えが生まれたのです。

索餅の中国の言い伝えは、中国から奈良時代の日本に伝わりました。
宮中行事の一つとして、七夕に索餅が食べられるようになったのです。

スポンサーリンク

索餅(さくへい)には、「索麺(さくめん)」という呼び方もありました。
それが転じて「素麺(そうめん)」となり、平安時代の宮中で、七夕の日にそうめんを食べる習慣が生まれたと考えられています。

平安時代の宮中では「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」とされました。
七夕にそうめんを食べたり、七夕飾りにそうめんを供えたり、そうめんは季節の食べ物として、すっかり定着していたようです。

宮中の習慣は庶民も広まり、庶民も七夕にそうめんを食べたり、七夕飾りを立てるようになりました。
七夕に仙台でそうめんを食べるのは、その影響ではないかとされているのです。

七夕の料理でデザートにぴったりな物は?

七夕のデザートにぴったりなスイーツは、ゼリーがおすすめ。
七夕の季節が近づくと、全国各地のスイーツのお店で、星型のゼリーをいっぱいにのせたケーキやゼリーが店頭に並びます。

星形のゼリーを抜いて並べるだけなので、家庭で作るのも簡単です。

京菓子などの和菓子店でも、星形に寒天や羊羹を抜いて、七夕用のお菓子を発売しているお店があります。
夜空に星がちりばめられた羊羹や、願い事を吊るした短冊を描いた竿物など、きれいなお菓子が並びます。
七夕が近づいたら、スイーツのお店や和菓子屋をチェックしてください。

七夕の料理は何がある?伝統的なメニューやおすすめのデザートを紹介まとめ

七夕にはそうめんやちらし寿司を作るのがおすすめ。星形に抜いたニンジンやかまぼこを並べると、七夕ムードいっぱいのレシピになります。
7月になったら、スイーツショップや京菓子店など、お菓子屋さんもチェックしてください。
お正月やクリスマスのように、七夕用の星が並んだスイーツが並んでいることがわかります。
七夕は七夕飾りと一緒に、七夕の料理とスイーツを楽しんでください。

スポンサーリンク

 

 

↓ほかにも七夕に関しての記事を読みたいのなら↓

コメントを残す