七夕の伝説と由来や願い事が叶うのはなぜか気になったので調べてみた!!

七夕にお願い事をすると願いが叶うと言われていますが、昔の七夕は今の七夕とは違っている部分があります。

そこで、七夕の由来やお願い事が叶う理由について調べてみました。

スポンサーリンク

 

 

↓ほかの七夕に関しての記事を読みたいのなら↓

七夕の伝説とは

七夕の伝説にはさまざな説がありますが、一番ポピュラーになっているストーリーを紹介します。

天の川のほとりで天の神様の娘「織姫」が機織りをしていました。
光り輝き、季節ごとに色が変わるという美しいものでした。
天の神様にとっては自慢の娘でありましたが、織姫は機織りに一生懸命になりすぎて、自分の顔や洋服に構うことをしませんでした。
そんな姿を見ていた天の神様は婿を探してあげようとし、天の川の岸辺を歩いていると牛の世話をしている若者と出会いました。
その若者は「彦星」と言い、働きぶりが立派だったことに感銘し、織姫の結婚相手に選びました。
織姫と彦星は互いに一目ぼれし、無事に結ばれましたが、2人は全く働かなくなってしまいました。

織姫が使っていた機織りはホコリをかぶり、彦星が世話していた牛はやせ細っていき、作物もどんどん枯れていき、牛も死んでしまいました。
天の神様は何度も2人に働いてほしいとお願いしましたが、織姫も彦星も聞く耳を持たない様子にしびれをきらして、織姫と彦星を離れ離れにすることになりました。
天の川を挟んで離れ離れになった二人はお互いの姿を見ることもできず、そのショックで織姫は毎日泣いてばかりでした。
一方の彦星も家に閉じこもってしまい、牛の状態も酷くなっていく一方でした。
困った天の神様は、毎日真面目に働くなら年に1回7月7日だけ二人で会うのを許すことにしました。
7月7日なのは天の川が最も光り輝くことから、この日を巡り会いとして二人を会わせることとなりました。
その言葉を聞いてから織姫は機織りに勤しみ、彦星も牛や作物の世話に精を出し、豊かな生活を送れるようになりました。

7月7日の夜だけ、織姫と彦星は広い天の川を渡り会うことが許されたという伝説です。

スポンサーリンク

七夕の由来

七夕の由来として言われているのが、昔に日本の行事として、乙女が着物を織って棚に備え、神様を迎えて豊作を祈ったり、人々の穢れを払うといったものがありました。
その乙女のことを「棚機女」(たなばたつめ)と呼び、着物を織る機械を「棚機」(たなばた)と言っていました。
棚機は神事で着る着物を織る機械の名前で、これを使うことができるのは選ばれた乙女のみで、機屋にこもり神様にお供えする着物を織ります。
神様のために心を込めて棚機女が棚機で着物を織り、行事に備えていました。
織物を神様が祭ってある棚に備えて、秋の収穫の豊作を願ったり、人々の穢れを払うために行われた神事がやがて、お盆を迎える準備として7月7日の夕方から夜に行われるようになり、七月七日の夕方に由来し、棚機と同じ読み方として当て字で「七夕」と呼ばれるようになりました。

七夕の願い事が叶うのはなぜ?

七夕に短冊でお願い事を書くと願いが叶うとされていますが、その理由は笹の葉は竹です。
竹は成長が速く、強靭で空洞になっており、かつてはそこに神霊が宿ると信じられていました。
もともとは女性が織物や裁縫の上達を願う目的でしたが、江戸時代に進んだ頃には願いを書いて笹の葉がなっている竹に飾るといった風習へと移り、男女問わず願いを書くようになりました。
江戸時代になってからは現在のように紙の短冊が使われました。

江戸時代の子供達は寺子屋という場所で読み書きやそろばんを教えてもらっていました。
子供達は自然と七夕になると「今よりも読み書きやそろばんが上達するように」と願っていたそうです。
では、七夕で願いを叶えてくれる理由としては、願いを込めるということで強い意思を持ち、自分の力で実現させるよう努力をすることで達成できるように想いを込めることで願いが叶うと言われています。
織姫が願いを叶えてくれるというより、自分で願い事を織姫に誓うことで願いのために自分自身が努力したり、強い意思を持つように心がけることで願いが叶うと信じることにつながるので、七夕に織姫に向けて願い事を誓い、決意表明をして強い想いを持つことで願いが叶うように自然と努力するようになり、七夕に願いが叶うと言われるようになっていきました。

七夕の伝説と由来や願い事が叶うのはなぜかを調べてみたまとめ

七夕はもともと女性が裁縫など上達のために願いを込めていて、それが派生して男女問わず願いを短冊にこめるようになったことが分かります。

七夕に短冊で願いを書くことで、自分の決意表明にもつながり、願いを叶えたい気持ちを強くしてくれる行事だと言えます。

スポンサーリンク

 

 

↓ほかにも七夕に関しての記事を読みたいのなら↓

コメントを残す