博多祇園山笠の桟敷席の取り方や他の見学スポット!!

参加するためには一苦労しますから、見るだけにしましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

博多祇園山笠の桟敷席に座るには!!

博多祇園山笠浜糸井7月1日~15日までされる行事であり、人気行事の追い山、追い山ならし、集団山見せも日程により平日でも開かれます。なので祝日重なれば多くの見物客でにぎわいます。梅雨の真っただ中される博多祇園山笠はこれまで天候が理由で中止になったのは一回もないです。どういう大雨でも台風近づいても山笠の行事は天候関係なく決まった日に決まった行事がされるのです。そして、桟敷席は毎年6月26日櫛田神社で午前9時に発売されることになり、プレイガイドやネットの販売はしてませんから、この日並ぶしか入手できないです。この日発売されるのは7月12日にされる追い山ならしの桟敷席300枚、7月15日される追い山の桟敷席300枚となります。追い山ならしの桟敷席券は1枚3000円、追い山の桟敷瀬席券は1枚6000円であり、例年大勢並んで販売開始後30分以内で売り切れて桟敷券入手はとても困難です。特に追い山日曜日に当たる年はわずか15分で完売したことあるプラチナチケットとなります。本来博多祗園山笠は博多部の奉納行事で参加は町単位であり、地元住民以外参加は原則に止められてません。そのためシンプルな方法として山笠地域に住むこと。ですが、ほとんどの方はこれは現実的ではないです。そしてもう1つの方法としてすでに山笠参加してる方の紹介受ける方法であり、参加するとき細かな取り決め、条件は各流で多少異なって、既存参加者紹介受けて、上位者へあいさつや、名簿の提出や事前寄合への出席を経ることにより参加が可能です。

スポンサーリンク

博多祇園山笠の追い山の見物スポット

山留めとは櫛田入りのスタート地点であり、櫛田入り前の舁き手の緊張伝わるピリッとした雰囲気が体感可能です。そして5秒前のアナウンスから棒鼻叩き鬨の声上げ舁き山が走り出します。そして、山留めは櫛田入り前の書き手の緊張伝わるみたいなピリッとした雰囲気が体感可能。5秒前のアナウンスから棒鼻を叩き鬨の声上げ舁き山が走り出すのです。また、スタートした舁き山は太鼓の音と勇ましい掛け声で清道になだれ込みます。重さ1トン以上ある舁き山が驚くようなスピードで走り抜けるさまは見る方すべて圧倒するのです。一番山笠のに許される祝いめでたの奉納は鳥肌立つ感動を覚えるはず。この感動に立ち会えるのプラチナチケット入手できた桟敷席の見物客だけ。山留めスタートして櫛田神社から博多街に出ていくシーンを目のあたりにできるのは櫛田神社清道正面であり、迫力ある山笠醍醐味を味わえる見物スポットであり、朝早くから並ぶ方が多く競争率高い見物スポットなのです。櫛田入り済ませて決勝点向けて博多の街駆け出した舁き山は津の清道を回り、日本最古の真言宗寺の東長寺の正面にある清道旗を山笠回るときアスファルト、山笠台の足が時々接触し、ごっというはくりょくある音を立て豪快に走り抜けて、櫛田入りと違った見どころあります。山笠発祥の地といわれる承点寺前は敬意を表示3つ目の清道旗立てられていて、承天寺の住職は施餓鬼棚に乗り、通過する舁き山の表敬を受けるのです。

博多祇園山笠の桟敷席の取り方や他の見学スポットまとめ

参加するのは無理があるとしてもみるだけなら複数のスポットがあるのでしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す