博多祇園山笠の由来と歴史や目的 文化を知る楽しみ方

博多のお祭りはどうしてこんなに活気がり、

人が集まるのか知っておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

博多祇園山笠の由来

博多祇園山笠の由来ですが、760年の伝統がある博多祇園山笠は福岡市博多区の博多部で7月開催されるものです。そして、博多総鎮守・櫛田神社にまつられる素戔嗚尊に対し奉納される神事となっています。

また、起源は諸説あって、一番有力とされてる鎌倉時代博多で疫病が流行った時に承天寺の開祖が町民が担いでいた施餓鬼棚にのり、祈祷水をまいて街を清めて回って、疾病耐酸をk願して回ったことを発症とする説です。古い所に複数承天寺と山笠との関連を立証する記述があって、清道を設け山笠を奉納するのはその時のお礼参りといわれてます。

ほかにこの説では今の山笠と類似点が多くて、山台と施餓鬼がよく似てる、車輪の付いた山車でなく車輪なしの台を担いで走り回るスタイルであることや祈祷水が勢い水に転じたのではと考えられることなどあります。いまの山笠のもとになる流れができたのは秀吉による1587年の太閣町割りの起源とされてます。

博多祇園山笠の歴史

760年余りの歴史を刻んでる博多祇園山笠ですが、ここまで決して平穏ではなく、山笠存亡の危機を幾度にもわたって乗り越え今日を迎えてます。そして、聖一国師が病魔退散で施餓鬼棚にのり疾病退散祈願したのが有力期限とされています。

秀吉が九州征伐をして島津氏を克服させて九州平定を成し遂げるのが1587年で、博多豪商の神屋宗湛と嶋井宗室が協力し、太閣町割りをして、山笠のもとになる流れができます。明治5年封建制を打破する意図により明治政府により博多松囃子と一緒に山笠が突然禁止されます。

スポンサーリンク

山笠の様相、高さは時代により変化してますが、明治5年までが最も背が高くて16メートルに及んだとされます。そして、明治5年委出された山笠禁止令は、この年だけ許可下りますが、許可下りたのが6月13日夕方で追い山まで間に合わず、人形に浴衣着せただけの簡素な山笠のゆかた山作られますが、翌年より再び禁止へ。

そして1898年福岡県知事が山笠行事中止を提議し、中止提議理由には山笠が電線を切断する事故相次いだことが含まれていて、実際運行する3メートルほどの舁き山、飾っておくだけの飾り山に分化することに。

博多祇園山笠の目的

この時期博多の町はそわそわしてきて、博多祇園山笠の準備でにわかに活気帯びてきます。博多祇園山笠は770年以上続く伝統の祭りであり、割と原型に近い形で受け継がれてるとあり、地域全体で行事の成り行きを見届けてるようなどこか神聖な空気博多一帯を包んでます。個人的に締め込み、法被姿に毎年くぎ付けで普段から想像つかないほど生き生きとした荒男ぶりを発揮する男性たちの入れ込みように、山笠への畏怖の念感じてます。

そして時代を超えた伝統の祭りであり、共通することで、街に活気もたらすことです。酒屋の店先で酒酌み交わしてる間、老若男女職業関係なく、酒を通じた交わりが繰り広げられます。

また、古くは山笠通じ都市、農村の階級を超えた交わりが街の活気もたらしたことが規模ちがえど角打ちにも当てはまるように思えてなりません。外から見ればにぎやかな声が漏れてきて、私も交わりたいとそわそわしてきます。まじわってしまえばこっちのものなのです。

博多祇園山笠の由来と歴史や目的 文化を知る楽しみ方まとめ

古くからの歴史と伝統がこうして守られてるのには驚かされます。あのユニークな姿も印象深いものなので見に来る人が多いのでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す