豊平川花火大会の車のおすすめスポットと駐車場やアクセス 行き方などで気をつけたいこと!!

北海道もようやく長かった冬も終わり春の兆しが訪れています。

そうなってくると楽しみになってくるのが夏のイベントですね。

その中でもやはり花火大会は夏の風物詩として外せないもので、花火大会と言えば豊平川花火大会ですよね。

道内外の人にも知られるこの一大イベントをよりよく楽しむために今回は豊平川花火大会の情報をお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

豊平川花火大会のほかの記事はこちら
↓       ↓       ↓
豊平川花火大会の混雑の避け方やアクセス方法と行き方ほか出店や屋台を楽しめる場所

豊平川花火大会の車のおすすめスポット

豊平川花火大会は南大橋から幌平橋の間の河川敷で行われます。
そのため車でお越しになるには些か不便を感じることもあります。
しかしながらそこは花火ですので少し離れた場所からでも十分に楽しむことも出来ます。
そこで車の中からでも楽しめるおすすめスポットをご紹介致します。

 

 

1.アリオ札幌(札幌市東区北7条東9丁目2-20)
豊平川から少し離れてるお陰もあり、渋滞による混雑で余計な時間を費やすこともありません。
せっかく花火を見に来たのですから気持ちよく見たいですよね。
大型駐車場を設置しておりますので多少の混雑でも問題ありません。
さらに豊平川花火大会の日には出店が多く並びます。
豊平川から離れていてもお祭り気分を十分に味わうことが出来るでしょう。
お子様連れの方でも安心ですし、いつでもトイレを利用出来るのもメリットの一つです。

 

 

2.札幌藻岩山展望台(札幌市中央区伏見5丁目3-7)
.札幌藻岩山展望台と言えば札幌で絶景を楽しめるスポットの一つです。
豊平川からはかなり離れてしまうので花火の音が遅れたり少々風情に欠けるかも知れません。
しかし絶景を楽しめるスポットの一つでありますので、花火を含めた札幌の夜景を楽しむことが出来ます。
一度で二度美味しいとはこのことですね。
その上場所取りなどをしなくていいので余計な時間を掛けたくない方や、人込みが苦手と言う方にもおすすめのスポットです。
駐車場はもちろん無料なので気兼ねなくご利用出来ます。

 

 

3.ノルベサ観覧車(札幌市中央区南3条西5丁目1-1)
カップルたちに是非おすすめしたい、花火をさらにロマンチックに楽しむスポットがこちらです。
ただ観覧車なので一周するまでに花火が見られないと意味がありませんので、タイミングが大事になってきます。
大体19時40分頃から花火が始まりますので、20時頃に乗ることが出来れば最高にロマンチックな花火を見ることが出来るでしょう。

豊平川花火大会の駐車場とその特徴

直接間近で豊平川花火大会を味わいたいと言う方は事前に駐車場の位置を把握しておく必要があります。
豊平川花火大会では臨時駐車場などが設けられておりませんし、豊平川から一番近い中島公園には駐車場がありません。
当日は物凄い混雑しますので交通規制もあり、せっかく花火を見れても帰り道で渋滞に巻き込まれたりします。
花火で高まった気持ちが台無しになってしまっては元も子もありません。
そこでストレスフリーに向け、便利な駐車場のご紹介をさせて頂きます。

スポンサーリンク

 

 

1.予約駐車場の利用
文字通り事前に前もって予約の取れる駐車場のことです。
こちらをご利用されれば当日に駐車場が見つからないなんてトラブルも避けることが出来ます。
予約駐車場はこちらになります。
・札幌市豊平区月寒東1条19丁目1 P1014月寒東駐車場
・札幌市豊平区月寒東3条17丁目9 ハラノ駐車場
・ソフトバンク美園内駐車場
・札幌市豊平区福住2条4-4 福住羊ヶ丘通前駐車場

 

 

2.その他の駐車場の利用
事前に予約を取れない場合もあると思います。
そんな時は小さなコインパーキングなどではなく近隣の大きい駐車場を利用することがおすすめです。
おすすめしたい駐車場はこちらになります。
・ジャンボ1000(札幌市中央区南4条西6丁目1)
・リパークワイド札幌南5西6(札幌市中央区南5条西6-16-1)

 

 

豊平川花火大会の特徴として独自の創作花火が中心に打ち上げられます。
他の花火大会ではあまり見れない珍しい花火を堪能出来ること間違いなしです。
約4,000発の花火が打ち上げられ3部構成となっております。
特に3部のグランドフィナーレは必見の内容になっています。

豊平川花火大会のアクセス 行き方などで気をつけたいこと

豊平川花火大会の会場から一番近い最寄地下鉄駅は南北線の中島公園駅と幌平橋駅です。
札幌市には南北線、東西線、東西線と3路線の地下鉄があり、直接南北線をご利用されていない場合は大通り駅で南北線に乗り換える必要があります。
乗り換えに不安を感じる方はお近くの駅員まで訪ねて頂ければ幸いです。
先ほども言いましたように、花火が終わった後は大変混雑します。
そんな混雑を少しでも緩和させるためにおすすめしておきたいことが、ICカード乗車券のSAPICAの利用や行きの地下鉄で降りた際に帰りの分の切符も買っておくことです。
行きも買うのですから帰りも買うのは当然のことですが、この券売機からすでに混雑してる場合がほとんどですので花火を見に行く時に少し時間に余裕を持って帰りの切符も買っておくことが大事ですね。

豊平川花火大会の車のおすすめスポットと駐車場やアクセス 行き方などで気をつけたいことまとめ

豊平川花火大会をより楽しむには家に着くまで煩わしい思いをしないことが大事です。
事前に知っておくことで当日の混雑やストレスを緩和出来るので是非とも今回ご紹介したサービスを利用してみては如何でしょうか。
家族連れや恋人たちにもよりよく豊平川花火大会を楽しんで頂ければ幸いです。
北海道の夏は短いです。
是非とも北海道の夏の風物詩である豊平川花火大会にお越し下さい。

スポンサーリンク

 

 

豊平川花火大会のほかの記事はこちら
↓       ↓       ↓
豊平川花火大会の混雑の避け方やアクセス方法と行き方ほか出店や屋台を楽しめる場所

コメントを残す