イルミナイト万博クリスマスの口コミや混雑状況、アクセスは?

大阪、光りの饗宴と同時期に開かれる、「イルミナイト万博クリスマス」は、
太陽の塔のビームペインティングやイルミネーションが、夜の万博公園を幻想的な光りで彩ります。
14年からラーメンEXPO万博公園も始まり、更に来場者が増えたイルミナイト万博。

ここでは
口コミ混雑状況アクセスを掲載しています。

どんなイベントか気になった方は、口コミを見てみると行った事がある人の感想が読めますよ。

スポンサーリンク

イルミナイト万博クリスマスの口コミ大公開!!

万博公園の象徴
万博公園の象徴の太陽の塔にプロジェクションマッピングによる投影が音楽とともに映し出されるその迫力ときらびやかな美しさに大感動でした。東大路はもすべてイルミネーションがライトアップされるので会場全体が幻想的な宇宙空間のような趣になり本当に素敵です。イルミナイト万博開催中は万博駅から、さっさと進めないぐらいに混雑します。子連れのベビーカーでは移動できないので抱っこ紐で行くようにしたほうが良いと思います。
家族で
私は去年のクリスマスに家族で万博のイルミナイトに行ってきました。
クリスマスに来たのは初めてで、ついた時にはもうイルミネーションが始まっていました。
まず、3Dマッピングに物凄く感動しました。太陽の塔の前で行われていたのですが、幻想的でその迫力に魅了されました。子供たちはまだ小さいのですが、ずっと綺麗だと言って大喜び。大きな遊具などもあり、なんといっても広いので子供連れにはすごくいいです。
他のイルミネーションも幾つか見に行ったのですが、迫力が全然違います。今年もまた見に行く予定です。
ビームペインティング
一番のお勧めは、「太陽の塔」をスクリーンにして立体的に映像を見られる「ビームペインティング」です。効果音もあって、映像と音楽をコラボで楽しめます。
期間中は車や駐車場がが大変混雑するので交通機関を利用して行ったほうが良いと思います。
また東大路では桜並木を利用してクリスマスをイメージした、イルミネーション・ストリートもとても綺麗でいやされます。
夜の万博記念公園は、大切な人や子供と一緒に感動でき、思い出作りにもなることと思います。
印象的な太陽の塔の演出
家族4人で万博記念公園のクリスマスイルミネーションを見に行きました。このイルミネーションで一番印象的だったのは、太陽の塔にプロジェクションマッピングを施した演出です。非常に圧巻でした。芸術的な雰囲気を壊さないような映像が作られており感動しました。イルミネーション使われているLEDの量が多く、道を歩いていてとにかく飽きませんでした。子供達もずっとはしゃいでいたので、楽しんでいたと思います。料金も入園料大人250円のため、リーズナブルでよかったです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イルミナイト万博クリスマスの混雑状況は?

ラーメンEXPOが始まり、更に来場者が増えたイルミナイト万博クリスマス。
上の口コミでもある様に、ベビーカーでの移動が困難なほどの混雑です。
大きな荷物は持たずに行くか、スーツケースや旅行用ボストンバッグなどの大きな荷物はホテルに置いておくか駅のコインロッカーなどに入れてから行くと荷物の扱いに困る事は無くなります。

駐車場は広いですが車の渋滞も予想されるため、公共交通機関を利用する事をおすすめします。

イルミナイト万博クリスマスへのアクセスは?

イルミナイト万博クリスマスに行かれる際は、公共交通機関の利用を強くおすすめします。
私が大阪へ行った時は何もない休日でしたが、渋滞とまではいきませんが車の流れは悪かったです。
イルミナイトやラーメンEXPOが開かれると道路は非常に混む事が予想され、公式ページでも公共交通機関で来園する事を勧めています。

公共交通機関での来場の場合は、
大阪モノレール線万博記念公園駅」が一番近い駅です。

おすすめはしませんが、車で行かれる場合は、
中央自動車道中国吹田I.Cからが距離は近いです。
渋滞がどの程度か予想がつかないので到着までの時間は分かりません。
駐車場近くの渋滞で、車を止めるまでに1時間近くかかった人もいたようです。

まとめ

イルミネーションや太陽の塔のビームペインティングなどが冬の万博公園の夜を彩る
「イルミナイト万博クリスマス」
イベント事態は良かったとの感想が多く、期待の出来るイベントです。
しかし非常に混雑する事が予想されますので、移動手段と手荷物に注意が必要です。

大阪モノレール線などの公共交通機関で移動し、手荷物は出来るだけ持たず(コンパクト)にすると移動や荷物に悩まされる事は終電に乗り損なわなければ無いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す