京都祇園祭の浴衣デートはいつ行くと良い?楽しみ方や観光情報も

1ヶ月という長い期間行われる日本三大祭りの一つである「京都祇園祭」。

祇園祭で「浴衣デート」を楽しみたいと思っている人もきっと沢山いることでしょう。

そんな人の為に、浴衣デートを最大限楽しむ為に必要な情報を記していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

京都祇園祭のメイン日や行き方と混雑、楽しみ方や見どころなどの記事はこちら
↓         ↓         ↓

 

 

京都祇園祭の浴衣デートはいつ行くのが良い?

祇園祭開催期間中、浴衣デートに一番おすすめする日にちは、「7月15日の宵々闇」となります。

 

祇園祭は、ユネスコの無形文化遺産に登録されている「山鉾巡行」がメインイベントとなっており、7月17日と7月24日に行われる山鉾巡行をそれぞれ「前祭」、「後祭」といいます。
この前祭・後祭の前々々日から三日間が「メインイベント前夜祭期間」となります。

 

もう少し詳しく説明すると、7月14日・21日を宵々々闇、7月15日・22日を宵々闇、7月16日・23日を宵闇と言います。

「前祭」の前夜祭期間中である宵々闇(15日)、宵闇(16日)の両日限定で、夕方から23時まで四条通り・烏丸通りを中心とした周辺が歩行者天国となって数多くの「屋台・露店」が出店され、メインイベントである山鉾巡行に勝るとも劣らぬ賑わいとなっています。

 

人が多い宵々闇・宵闇の二日間は、屋台・露店の出店があるとはいえデートに不向きと思われるかもしれません。
しかし、「浴衣デート」をするなら屋台・露店出店期間、特に宵々闇の15日がベストなのです。
理由は次の二つとなります。

 

1.宵闇より混雑が少しはマシになる
16日の宵闇は山鉾巡行の前日となる為、宵闇から京都入りして祭りを楽しもうと考える人や、宵闇限定で行われる「函谷鉾の提灯落とし」というイベントを楽しもうと考える人が多いため、15日の宵々闇の混雑は幾分か緩和されます。

因みに、宵々闇の21時以降は人が減って混雑がさらに解消される為、屋台・露店出店が終了する23時までの2時間はゆっくりと浴衣デートを楽しめます。

2.昼間から浴衣デートを楽しめる
祇園祭期間中とはいえ、昼間から浴衣を着るという事に抵抗を感じる人は少なくないのではないでしょうか。
しかし、前夜・後祭の前夜祭期間、特に前祭の宵々闇・宵闇の二日間は、地元の人も昼間から浴衣で接客する事もあり、この期間に限っては周りの目を気にする事なく昼間から浴衣デートを楽しめます。

京都祇園祭の楽しみ方

前祭・後祭の前夜祭期間は祇園祭の中でも特に楽しめます。

1.山鉾で楽しむ
前夜祭期間は33基の山鉾が各地に置かれたり、街が提灯で鮮やかに色づけられ、祇園囃子の音色が辺りに響く「ザ・祭り」な非常に楽しい雰囲気となっています。

スポンサーリンク

この山鉾はデザインがそれぞれ異なるだけでなく、それぞれに違ったご利益があります。
例えば、長刀鉾には疫病除けのご利益が、白楽天山には学業成就と招福のご利益があります。
さらに、山鉾の一部は搭乗可能となっているので珍しい体験をして楽しむ事もできます。

また、33基ある山鉾を巡って御朱印を集めるスタンプラリーもあるので、「山鉾巡り」をすれば退屈する暇もなくデートを楽しめます。

2.大人気の祇園祭名物「ちまき」
このちまきは、前夜祭期間中に八坂神社や各町内の山鉾の組立場所で購入出来る「厄除けと疫病除けにご利益のある御守り」です。食べられません。
各山鉾でご利益が違うので、山鉾巡りの際に、欲しいご利益のちまきがあったら忘れずにゲットしましょう。
毎年すぐに売り切れてしまうほどの人気ぶりとなっています。

3.屋台で美味しい食べ物
京都の老舗菓子店「大極殿本舗」が前夜祭期間中限定で作る菓子「吉兆あゆ」や、京都懐石料理の老舗「井傳」がつくる「うなぎ丼」など、高級店も屋台として出店しているので普段は敷居が高い老舗の味を楽しめます。

4.「屏風祭り」で楽しむ
前夜祭期間中限定で、市内の老舗・旧家などが所蔵している美術品を一般公開するイベント「屏風祭り」も楽しめるポイントの一つです。
公開開始の時間は、午前中から公開するところもあれば、午後から公開するところもあるなど時間はバラバラですが、美しい高価な伝統ある武具類・着物・美術工芸品などが展示されるので非常に見ごたえがあります。

京都祇園祭の観光情報

おすすめ観光ポイントは沢山ありますが、一番は「八坂神社」です。
祇園祭行事の主催である神社であり、京の東の守り神である日本を代表する歴史ある神社の一つですので、是非参拝しましょう。

 

もう一つは、「錦市場」です。
400年の長い歴史をもつ、約125店舗の食の老舗・専門店が集結する京都の台所です。
京都独自の食材はこの市場でほぼ全て揃います。
ハモの天ぷらなど、京都ならではの味を楽しめるのでおすすめ観光スポットです。

 

最後は、カップルに一番おすすめしたい「鴨川」です。
鴨川は、有名なデートスポットです。
前夜祭期間中も、浴衣のカップルが鴨川でデートする姿が非常に多く見かけられるので、「屋台・露店」の混雑が解消する21時までは鴨川でデートして楽しむのもいいのではないでしょうか。

京都祇園祭の浴衣デートはいつ行くと良い?楽しみ方や観光情報も まとめ

15日の宵々闇は、翌日の宵闇よりマシとはいえ、やはり混雑します。

カップルになったばかりで、互いの距離感を掴めないという人たちでも自然に「はぐれると危ないから手を繋ごう」と言えてしまうオマケ要素もあります。

美味しいものが沢山ありますので、それを上手く活用して楽しい浴衣デートにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

京都祇園祭のメイン日や行き方と混雑、楽しみ方や見どころなどの記事はこちら
↓         ↓         ↓

コメントを残す