江東区花火大会の会場とアクセスの良い穴場や見える場所で混雑しない所は?

江東区の花火大会は、都内からもすぐ行けて、交通の便も良くて人気の花火大会です。

その分多くの人が訪れます。

デートやお友達、家族と楽しく花火を楽しみたいですが、人混みでトイレに行けなかったり、場所が取れないとせっかくの花火が台無しです。

そうならない為にも、事前にしっかりと情報を把握して、江東区花火大会を楽しく、快適に過ごすコツを知っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

江東区花火大会の会場の混雑などの状況は?

毎年、30万人が訪れる花火大会ですので当然混雑します。

それでもメイン会場の河川敷で、そこにレジャーシートなどを広げて、花火を楽しむことができます。

 

 

会場周辺では17:00~21:30から交通規制が始まり、土手付近は14:00~21:30が規制の時間です。

最寄り駅の南砂町駅からは、多くの人が同じ道を歩いて会場まで行くので、抜け道などがありません。

規制が始まると、駅から会場までの道は、とても混み合い他のルートへの回避も難しいので、通常の移動時間よりも余裕を持って行くほうがオススメです。

 

 

会場周辺には飲食店が限られているので、会場でお店を探すのは、大変混み合うので避けたほうがいいです。

帰りの地下鉄も、終わった瞬間に一斉に移動することになり、非常に混み合います。

江東区花火大会のアクセスのいい穴場を紹介!!

アクセスが比較的いい穴場は
葛西橋というバス停の周辺です

多くの人が地下鉄の南砂町駅から利用します。

なので、都営地下鉄新宿線西大島駅から出ているバスに乗って、葛西橋というバス停で降ります。

スポンサーリンク

このあたりは、南砂町駅から離れている分利用者が少なく、混み合うほどではありません。

帰りもほとんどの人が南砂町に向かうので、混雑を避けて帰ることができます。

 

 

ここは周りにビルなども少ないので、花火を邪魔するような建物を気にせず場所を取ることができます。

障害になるようなものがないので、花火の写真が綺麗に撮れるスポットとしても知られています。

 

 

地元の人の穴場として、時間ギリギリでくる人も多く、早めに行かなくても場所を取れるポイントです。

最寄り駅からは離れていますが、徒歩でも20分の距離で、バスの利用も可能なので、アクセルがいい割に、人混みがない非常に花火を見やすいポイントです。

江東区花火大会の見える場所で混雑しない所はある?

会場の南砂町駅とは河を挟んで反対側の西葛西側は、土手に座ることになりますが、多くの人が南砂町側に集中しているので、対岸全体が空いています。

 

 

葛西橋を北の方に歩いていく、首都高速中央環状線の高架下は、少し離れていて、交通の便も悪い分、非常に空いていて、レジャーシートをひいてゆっくりと花火を楽しむことができます。

 

 

会場よりも南側にいく清砂大橋付近は、花火と葛西臨海公園の観覧車の両方が見えるポイントです。

そして、花火を邪魔する建物などがなく、花火全体を綺麗にみることもできるし、撮影スポットでもあります。

ただし清砂大橋では、レジャーシートなどを使えず、ずっと立ってみることになります。仮設トイレも設置してありますが、人混みが少ないのでそんなに待たずに利用できます。

江東区花火大会の会場とアクセスの良い穴場や見える場所で混雑しない所は?まとめ

江東区花火大会は、会場付近は非常に混み合いますが、メイン会場以外は人混みを避けることができるし、広大な河川敷のメリットを利用してのんびりと花火を楽しめるスポットが多くあります。

 

少し場所が違うだけで、ギリギリに行っても席を確保できるので、ちょっと離れたポイントの方が、人混みも少なく快適でおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す