熊野花火大会の臨時列車と電車の混雑回避や会場へのアクセス方法をご紹介!!

夏の風物詩の1つである花火大会。
三重県熊野市の七里御浜海岸で開催される「熊野花火大会」は東海を代表する規模の花火大会です。この花火大会の見どころは豪快な自爆花火です。
吉野熊野国立公園の鬼ヶ城を舞台に、大海原に向かって豪快な花火が次々と炸裂し、非常にダイナミックな光景を見ることが出来ます。

 

そんな熊野花火大会は人気が高く、毎年10万人以上の人が来場しています。こちらに電車を利用して行ってみたいと思っている方に、当日の混雑を回避する方法や臨時列車の情報、駅から会場までのアクセスなどについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

熊野花火大会は臨時列車は出る?規模は?

ではまず、花火大会当日に臨時列車は毎年出るのか、当日の終電は何時頃になるのかという事についてお伝えしていきたいと思います。

 

臨時列車は毎年運行されていますが、最寄駅であるJR紀伊本線の「熊野市駅」は単線の為に増発が難しく、例年5本程度になっています。

その為、ホームに人が入れないほど大混雑をしています。当日はみどりの窓口で指定券が朝7時から販売されますが、それに徹夜で並ぶ人も少なくありません。

通常時の普通電車の終電はだいたい午後10時頃となっていますが、臨時列車の指定券を購入すれば、午後11時50分頃まで運行しているので乗車する事が可能です。

電車の混雑を回避することはできる?

大混雑が予想される電車でのアクセスですが、これを回避出来る方法はあるのでしょうか。また、当日はいつまでに最寄駅に到着すればいいかという事についても今からお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

まず、電車で行く場合に混雑を回避する方法としましては、当日の臨時列車の臨時指定券の入手が必要です。
花火当日の朝6時に花火の開催決定の発表があり、その結果を確認してJRのみどりの窓口で臨時指定券が発売されます。
発売時間は朝7時からですが、朝7時並びに行くのでは間に合いません。
朝4時でも微妙なラインです。
毎年、発売開始3分で完売するという情報もありますので、並び始める時間が非常に重要となっているようです。
かなり早起きをしなくてはなりませんが、熊野花火大会を快適に楽しむ為にはここが頑張りどころです。

 

 

最寄駅から会場までは徒歩5分ぐらいとなっていますが、当日は混雑が予想されますし、場所取りを考えると午後3時には会場に着いておく事をおすすめしますので、最寄駅には遅くとも午後3時までに到着するように予定を立てると良いと思います。

 

 

ちなみに花火を鑑賞するベストスポットは鬼ヶ城近くの海岸となっています。
こちらは人気の高い場所になっていますので、この場所を確保しようと思う方は当日の朝早くに現地に着く必要がありますので、それに合わせて行きの電車の時間も考えて下さいね。

熊野花火大会の会場のアクセス

次に駅を降りてから会場までのアクセス方法をお伝えしていきます。
最寄駅である熊野市駅から会場までは徒歩5分ぐらいとなっており、海岸方面へまっすぐ道のりに歩いて行けば到着します。

 

電車を使うのであれば当日は人の流れや案内などを頼りに歩けば問題なく付けると思いますので迷う心配は無いでしょう。

熊野花火大会の臨時列車と電車の混雑回避や会場へのアクセス方法をご紹介まとめ

いかがでしたでしょうか。

とても混雑する熊野花火大会ですが、これらの事を踏まえて今からしっかりプランを立てていただければ、熊野花火大会がとっても快適に楽めるのではないでしょうか。

素敵な夏の思い出になることを願っております。どうぞ楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す