古河花火大会の駐車場と車の交通規制やアクセスの行き方、注意点は?

新型花火をはじめとする約2万発の花火が渡良瀬川の夜空に絢爛豪華な花火絵巻を展開しています。大古河花火大会は、関東茨城の県古河市で開催される関東最大級の打ち上げ数を誇る花火大会です。
目玉の3尺玉は、関東の地方ではなかなか見られないのです。
ワイドスターマインやメロディー付きのスターマインなど豪華な花火を堪能できるのです。
河川敷のゴルフ場で開催されるため、川の土手にレジャーシートを広げてのんびり観賞するのもおすすめです。
ゴルフ場の奥には、ラムサール条約に登録されている渡良瀬遊水地の貴重な自然も広がっています。
この花火大会の1番凄いのが最後にある大迫力の三尺玉の打ち上げになります。
玉の重さが約300kg、開花高度約600m、開花直径約650mと壮大なスケールで花開きするので花火大会に訪れた人々は目を離す時間もないのです。
そんな、古河花火大会についてもっと詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

古河花火大会の駐車場は止めれる?

古河花火大会は、花火大会当日に無料で駐車場が用意されていますので駐車場に停めることはできます。
どのくらい駐車ができるのかといいますと、1,500台になります。
場所は1つではないのですが、

古河第一小学校普通車が50台、徒歩で10分、

古河第二小学校普通車が100台、徒歩で15分、

古河第三小学校普通車が250台、徒歩で40分、

古河第六小学校普通車が150台、徒歩で30分、

市役所古河庁舎普通車が130台、徒歩で25分、

古河総合公園普通車・大型車が600台徒歩で30分、

福祉の森会館普通車が300台、徒歩で40分となっています。

スポンサーリンク

 

 

市内なので会場から離れている駐車場もありますが、帰路を考えると離れているほうが少しでも動きやすいのです。
しかし、遠い駐車場であっても、当日のお昼までにはほぼ満車となってしまいます。
みんな考えは同じで、早く会場まで向かいますので、スムーズに停めるようにするには2時間くらい前には、向かうことをおすすめします。

1時間くらい前にはかなり混み合いますので、なるべく早く到着するようにするのが無難です。

古河花火大会は車の交通規制に注意

古河花火大会の交通規制は、18時くらいからはじまり、そうなると広い範囲で車が通行止めになってしまいます。
交通規制から回避する方法としては、早い時間から会場に向かい花火を見るスタンバイをすることになります。
そうすることで、交通規制の影響を受けずに駐車場にたどり着くことができるのです。

古河花火大会のアクセスの行き方や注意点

古河花火大会のアクセスの方法は、公共交通機関なら、JR宇都宮線古河駅から徒歩で20分、東武日光線新古河駅より徒歩20分、車で行く場合は、東北自動車道館林ICより国道354号経由で約14kmになります。
花火大会で駅から降りた後に帰りで注意しておいた方がいいことは、大混雑していて切符が買えない事もあります。
そのため、あらかじめ購入しておきましょう。

古河花火大会の駐車場と車の交通規制やアクセスの行き方、注意点は?まとめ

古河花火大会は、駐車場は1,500台停めることができます。スムーズに停めるには早く行くようにすると停めることができます。
交通規制から回避する方法は、2時間くらい前には会場に向かうことです。
会場に向かうアクセスの方法は、公共交通機関なら、JR宇都宮線古河駅から徒歩で20分、東武日光線新古河駅より徒歩20分、車で行く場合は、東北自動車道館林ICより国道354号経由で約14kmになります。
注意は、駅から降りた後に切符が買えない事もありますので、あらかじめ購入しておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す