諏訪湖祭湖上花火大会のおすすめの場所と見やすい場所やどこで見るのがいいかシチュエーション別に書いてみた!!

夏を彩る風物詩の諏訪湖祭湖上花火大会は、全国からの規模を誇る長野県では、毎年約50万人の見物客で賑わう花火大会なのです。

諏訪湖祭湖上に設置されている打ち上げ台から打ち上げられる花火は四万発と数多くの花火を見ることができるのです。

諏訪湖祭湖上花火大会はとても迫力のある花火です。

この花火を迫力満点のまま見たいと思ったら、適当な場所から見ていては、せっかくの花火も位置によっては見えない場合もあります。

そこで、諏訪湖祭湖上花火大会が見やすい穴場スポットについてお教えしていきます。

スポンサーリンク

 

 

諏訪湖花火大会のおすすめの場所

諏訪湖祭湖上花火大会のメイン会場としては、長野県諏訪市湖岸通り 湖畔公園前諏訪湖上になります。

諏訪市では若手花火師による全国新作花火競技大会も開催されていて諏訪二大花火とも呼ばれたりしています。
諏訪湖祭湖上花火大会で迫力がある花火を見れる場所としては、ヨットハーバー隣の百景園になります。
花火を打ち上げる場所からとても近いため、大ナイアガラなども見逃さないで、迫力満点の綺麗な夜空の花火を見ることができるのです。

ほかのスポットも上げておきます。
まず1つ目は、立石公園になります。

諏訪湖祭湖はもちろんのこと、岡山市や下諏訪まで一望できる穴場スポットなのです。
ここの場所から見る花火は、とても綺麗に見る事ができる位置になっています。

2つ目は、諏訪湖SAになります。

次は、諏訪湖祭湖上のメイン会場や、迫力のある花火が見やすい場所についての説明をしていきますね。

諏訪湖花火大会の見やすい場所

花火大会に行くとなると必ず混雑をする事は予想ができています。そこで、諏訪湖祭湖上花火大会を見る場所として混雑していない場所があります。

スポンサーリンク

それは、SUWAガラスの里周辺になります。

花火大会の会場からは少し離れた場所にあるのですが、行きや帰りも混雑しないので車でもスイスイ行くことができるのです。

諏訪湖花火大会はどこで見るのがいい?

諏訪湖祭湖上花火大会がどこの場所で見るのがいいのかといいますと、独身で1人で花火を見る人、カップルだけの人、子ども連れの人、それぞれみんな異なりはあると思います。

独身の人やカップルだけで花火大会を見に行く人は、比較的に時間は沢山ある方だとは思います。
そのため、諏訪湖祭湖上花火大会で花火を見る時には、下諏訪漕艇場の南赤砂﨑が良いでしょう。

花火を打ち上がる場所からは遠いのですが、子どもなどもいないので早めにこちらの場所に移動して花火を見ると良いでしょう。
花火開花音が四方の山々に響き渡るし、美しい花火の姿が鑑賞できる場所だからです。
移動する事ができる方にはオススメの場所です。

次に子ども連れだったり、あまり混雑している場所で花火を見るのが嫌という人にオススメな場所が、
ハーモ美術館周辺の湖岸になります。

赤砂崎の東側、下諏訪駅から徒歩10分くらいだし、近くてアクセスも便利な場所となっています。人も少ないのであまり混雑をするという事もありません。
車の中にいても花火大会を鑑賞することができるのです。
小さな子どもがいたら授乳をしたりオムツを交換したり、お菓子を与えたりと、それなりに荷物も多くなるし、車の中から花火を見たいという家族連れにはとても良い場所になります。

諏訪湖祭湖上花火大会のおすすめの場所と見やすい場所やどこで見るのがいいかシチュエーション別に書いてみたまとめ

花火大会では、必ず混雑をする事がほとんどになります。

あまり混雑に巻きこまれたくない人、人混みを避けたい人もなどはきちんと場所を選んでから花火大会を見る事が大切です。

小さな子ども連れの人なども車の中からでも花火は見る事ができるし、夜空に打ち上がる花火は綺麗です。

スポンサーリンク

コメントを残す