大曲花火大会のキャンプ場の利用方法やアクセスと行き方 何時までに行くのがいい?

大曲花火大会とは、秋田県大仙市で行なわれている花火大会で、打ち上げ数18000、全国からより優れた花火師を集めた高い技術と創造性で繰り広げられる花火は、夜空一面を色鮮やかな花火が散りばり日本人の和の心を惹きつけます。

 

大曲の花火の見どころは連射連発花火で、いくつもの花火を組み合わせて短時間の間に数十発から百発の花火連続して打ち上げられるワイドスターマインは、一流プロが一年かけて力を注ぐ花火で、プロの花火師にしか出せない迫力ある花火に圧倒されます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

大曲花火大会のキャンプ場の利用方法

大曲花火大会の観覧の穴場スポットは、大曲周辺、仙台自動車学校の土手付近、興栄建設の脇、河川敷のキャンプ場エリア、大曲ファミリーキャンプ場、丸子川にある河川敷、国道13号線周辺があります。

 

その中でも、河川敷キャンプエリアは、車をのって行って、そのまま車を停めてテントを張って花火を観覧することができる場所で、小さい子供連れや、お年寄りを連れて花火を見に行きたい家族連れにとてもおすすめの場所になります。

 

テントが設営できる駐車場は、2017年から予約制になり、必ず往復ハガキで応募してください。希望する駐車場は、第3希望までで、駐車可能な台数は、1区一台です。自動車3台分まで申し込み可能です。

 

注意をする事は、テント設営だけはできないので、必ず車を停める必要があり、キャンプ場ではなく、テント設営可能な駐車場なので、キャンプ場ではありません。

スポンサーリンク

大曲花火大会のキャンプ場へのアクセスと行き方

大曲花火大会のキャンプ場へのアクセスと行き方は、電車の最寄駅は、JR大曲駅で、東京方面からは、東京駅→秋田新幹線→JR大曲、東京駅→山形新幹線→新庄乗換→JR大羽本線→UR大曲で、大阪方面からは、新大阪駅→東海道新幹線→東京乗換→秋田新幹線→JR大曲となっています。

 

 

車でのアクセス方法は、東北自動車道→北上JCT→秋田自動車道→横手IC→大曲IC→国道105号線→大曲花火大会会場になっています。

大曲花火大会のキャンプ場へ何時までに行くのがいいか

大曲の花火大会は、70万人から80万人訪れるので、車の渋滞も激しいものとなります。
会場の周辺の道路は、朝の9時ごろからは渋滞をしています。

 

 

大曲花火大会のテント設営可の駐車場は、前日から入る事ができるので、前日から入っておくと、渋滞を気にすることはありません。
前日の夕方から車両通行止めの規制がかかる道路あるので、前日の夕方にテントを張っておくことがおすすめです。

 

 

駐車場に一度入ったら、花火が終わるまで車を出すことができないので、あらかじめ食べ物や飲み物を準備しておくようにしましょう。

大曲花火大会のキャンプ場の利用方法やアクセスと行き方 何時までに行くのがいい?まとめ

大曲花火大会の花火は、トップクラスのレベルの高い花火で、観客が熱狂するほど、壮絶な演出を魅せてくれます。
中でも昼花火、10号玉、創造花火は、国内で唯一の花火となります。

 

大曲花火のキャンプ場で観覧する花火はとても人気ですので、抽選に外れてしまっても、大曲の花火の穴場はいくつかありますので、十分な綺麗な花火を官能することができます。

一度大曲の花火を観るとやみつきになるぐらい素晴らしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す