大曲花火大会の交通手段は車と電車どっちが良い?混雑状況や会場への行き方!!

大曲花火大会とは、1910年の明治43年から続いていて秋田県大仙市の花火大会は、全国の花火師が技を競い合うコンクール形式で行われている行事となっています。
花火の街、大曲が誇る日本一芸術花火なのです。91回花火大会は続いています。
大曲花火大会は、花火師の日本一を決定する大会となっています。

そのため、内閣総理大臣賞や、経済産業大臣賞、文部科学賞、中小企業庁長官賞、などなど数々の賞が受賞されることから、全国の花火師たちの目標となっているのです。

大曲の花火大会は、全国で6位、秋田県内では1位のとても人気の高い花火大会となっています。
花火の打ち上げ数は、1万8000発です。
そんな大曲の花火大会の、交通手段、混雑の状況や、花火大会で注意しておいた方が良いことについての説明をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

大曲花火大会の交通手段は車と電車どっちが良い?

大曲の花火大会に行くまでの交通手段は、車で行くのと、電車どちらが良いのかといいますと、車で行くことをおすすめします。なぜかといいますと、電車の場合は花火大会に行くまでのチケットを確保するまでが大変難しいからなのです。

 

 

花火大会の当日はかなり人も沢山いて混雑していますし、駅も混雑していますので時間が限られているという事もあり、仕方なく諦めてしまい席を外してしまうという方もいたりします。
また、花火大会を最後まで見たいという気持ちはあっても最後まで花火大会を見てしまっては、帰りも大変なので、花火を最後まで見ないで途中で帰る方々も多くいるようです。
そのような事がおきては、せっかくの花火大会も、花火を見にいったのに、もったいないです。

スポンサーリンク

 

 

車で花火大会に行きも帰りも交通規制もあるし混雑している事は確かなのですが、車の場合はチケットが取れない、席があいていない、出発が遅れるなどがないので、車で行った方がおすすめなのです。

大曲花火大会の混雑状況

大曲花火大会の当日の車と、電車の混雑状態なのですが、観光客も多いし毎年約70万人もの人出があるし、一気に沢山の人が訪れるので混雑するのは覚悟しておかなければなりません。
秋田県には40万人が住んでいるようなのですが、その倍は花火大会を見にくる人がいます。

 

 

毎年大曲花火大会は早い人では前日のお昼くらいから花火大会に向かいキャンプ対応する事が可能な駐車場で過ごす人も多いです。
車では、当日の午前3時頃に会場付近で既に車の渋滞があり、駐車場は全て満車で高い民間駐車場に駐車し、場所取りに10km以上も歩いた人もいたりします。

 

 

有料駐車場も、無料駐車場も、当日の朝の時点で満車になっている事を覚悟して行くことが必要です。また、帰りはかなりの混雑が予想されます。
電車の場合でも、混雑していて帰りの場合は待たないといけないし、駅まで歩くのにも時間がかかるのです。

大曲花火大会の会場への行き方と注意点

大曲花火大会の車でのアクセスの方法は、地域高規格道路の大曲西道路が全線開通しているので、大曲ICから和合IC間で行くことができます。
無料の駐車場は人気があり当日の朝7:00頃には満車になります。注意しないといけない事は、会場周辺の駐車場に停めるのなら有料駐車場に停めるようにすると良いです。

大曲花火大会の交通手段は車と電車どっちが良い?混雑状況や会場への行き方!!まとめ

大曲花火大会はとても人気がある花火大会となっています。

 

当日には大変混雑することが予想されています。

 

そのため、余裕を持って行動をすることが大切なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す