大曲花火大会の会場の混雑具合や穴場などの見える場所のおすすめ!!

秋田県大仙市で行われる大曲花火大会には毎年大勢の人が訪れる大変大きな花火大会です。
平成22年の大曲花火大会では80万人もの観客が訪れました。
また、日本一の花火師を決める由緒ある花火競技としての側面も持ち、日本一見に行くのが大変な花火大会とも言われています。

 

これだけ大きな花火大会ともなると当然ながら混雑が予想されます。
混雑に巻き込まれると花火大会どころではなくなり、精神的にも疲れてしまいます。
秋田県近郊にお住まいであれば、車などで出向くことも出来ますが、遠方よりお越しの際はホテルなどの確保も非常に難しいものになります。
他にも飛行機や新幹線などの移動手段のチケットを取ることも同じく難しいものとなります。

 

しかし、事前に情報を知っておくことで回避出来ることもあります。
そこで今回は大曲花火大会の混雑状況や穴場スポットなどをご紹介します。
これを元により楽しく大曲花火大会に赴いてみては如何でしょう。

スポンサーリンク

 

 

大曲花火大会の会場の混雑具合

前述のように80万人も観客が訪れる花火大会ですので、非常に混雑が予想されます。
そして気をつけなければならないことが、2017年から花火を見るのに改定された点が2つあります。

 

無料観覧席を廃止してすべて完全予約制の有料観覧席となりました。
もう一点が先着順で駐車可能だったテント設営駐車場が完全予約制になりました。
このテント設営駐車場は2017年8月14日の時点で予約が埋まるほど大人気になっています。
混雑状況は午前3時くらいから会場付近ですでに渋滞が起こるほどで、近くの駐車場は満車になっています。
ようやく見つけた駐車場で高めの駐車料金を払って車を止めても会場から10kmも離れていたと言う話もあります。
運良く近くの駐車場を見つけられても会場から30分ほど歩くこともありますので、立地の良い駐車場はかなり早めに予約を入れる必要があります。
しかしながら完全予約制の有料観覧席の導入により、何日も前から会場に入って場所取りをしなくてはならないと言うことはなくなりました。

 

テント設営駐車場も同じく完全予約制ですので、テントの中や車の中などからゆったりと花火を見ることも出来ますので、お子様連れの方はこちらを予約することをおすすめします。

大曲花火大会の穴場

 

 

・興栄建設付近(秋田県大仙市大曲西根西道地野502-2)
地元の方が多く花火鑑賞をしている場所です。
周りは田んぼで、大きい建物がありませんので綺麗に花火を見ることが出来ます。
写真家の方も集まるスポットになっていて、打ち上げする河川敷を挟み大曲駅の反対側になります。
国道105号線を少し行くとコンビニがありますので、思っているよりも便利な場所です。

スポンサーリンク

 

 

・大仙市立大曲中学校周辺(秋田県大仙市若竹町7-17)
打ち上げ会場から近いものの、あまり人がいないので混雑しない場所として知られています。
仕掛け花火は見づらいかもしれませんが、打ち上げ花火は迫力十分にお楽しみ頂くことが出来ます。

 

 

・上流のキャンプエリア
大曲大橋を越えて、打ち上げ場所の上流にあるキャンプエリアです。
かなり近くで花火大会を楽しめる半面、事前予約が必要で激戦区となっていますのでかなり早い段階で予約が必要になってきます。
その代わり、テントで寝そべって花火を見ることが出来る優越感が味わえますので、非常に人気のスポットになっています。

大曲花火大会の見える場所

 

 

・姫神公園(秋田県大仙市花館松山1)
太平山登山道登り口にある公園です。
大曲インターから車で10分と会場からは離れてしまいますが、市街を展望出来るほど景色が良い場所なので花火を綺麗に見ることが出来ます。
普段はファミリー向けの憩いの場として使われているので、混雑を避けて家族でゆっくり花火を見たい方にはおすすめの場所です。

 

 

・仙北自動車学校付近(秋田県大仙市戸地谷大和田89)
こちらの自動車学校には土手がありますので、レジャーシートを敷いて花火を見ることが出来ます。
多少混みますが、会場ほどの混雑はありませんので大曲花火大会の穴場スポットとして使われている場所です。

 

 

・ローソン大曲福住町店(秋田県大仙市大曲福住町8‐2)
大曲駅から徒歩5分にあるコンビニです。
街中の雑踏から抜けていないので臨場感に欠けてしまうかもしれませんが、トイレの心配はなく、駐車場から食べ物を車で食べながら花火を見ることも出来ます。
観覧もそうですが、花火大会が終わった後にも大曲駅まで5分ですので、混雑を回避しやすいこともおすすめになっています。

大曲花火大会の会場の混雑具合や穴場などの見える場所のおすすめ!!まとめ

動員数80万を超える日本有数の花火大会ですので、混雑は避けれません。
そのため、事前に地理の確認やバスや電車などの公共機関の時刻の確認が必須です。
しかしながら由緒ある花火大会ですし、花火師たちがこの日のために用意してきた創作花火は見応え抜群です。
日本一の花火師を選ぶ花火大会ですので、必ずあなたの思い出に残ります。
帰り道の混雑を考慮して、車中泊などをしていく方もいますので、事前の情報の確認をしっかり行い花火大会を楽しんで下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す