猪名川花火大会の最寄り駅とアクセスや行き方、混雑回避の方法などをご紹介!!

猪名川花火大会は、大阪と兵庫の間で打ち上げられる迫力のあるスターマインな花火大会で、1948年の昭和23年から続く伝統のある花火大会となっています。
打ち上げ花火は、合計で4000発が猪名川敷で打ち上げられて迫力は満点なのです。
毎年両岸合わせて10万人を超える人が訪れて美しい花火を楽しんでいます。
色とりどりのスターマインが華やかに打ち上げられ、見応えは十分にある花火大会となっています。
大阪と兵庫にまたがる夏の夜空を鮮やかに染め上がる迫力があると有名な花火で人気もあります。
猪名川花火大会は、猪名川の水上の会場であります。当日には夜店や屋台が立ち並び、活気ある雰囲気を演出しています。友達同士や、カップル、浴衣姿でかき氷や焼きそばをつつく姿があちらこちらで見られます。絶景スポットを確保した人たちは、すばらしい眺めを見ることができるのです。
猪名川花火大会についての説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

猪名川花火大会の最寄り駅

猪名川花火大会は、兵庫県川西市・大阪府池田市 猪名川河川敷で開催されます。猪名川花火大会の最寄り駅は3つあります。

阪急池田駅、阪急西川能勢口駅、jR川西池田駅とこの3つになり、この駅から会場までたどり着くには徒歩で10分から15分程度はかかります。

周辺は交通規制が行われます。花火大会の当日は、車で行くとなるとかなりの混雑するのが予想されます。
なるべくなら、車で花火大会に向かうよりも、電車やバスなどで行った方が良いのです。
車なら混雑するのですが、駅なら3つも駅がありますので、スムーズに行ったり、来たりをすることができるようになっています。

スポンサーリンク

しかし、電車でも普段と比べたら花火大会という夏の大きなイベントが開催されているという形になりますので、混雑はするのです。
電車は、阪急宝塚線川西能勢口駅・池田駅から徒歩約10分、又はJR福知山線川西池田駅から徒歩約15分となっています。

大阪府池田市はふるさと納税の返礼品として、池田城跡公園のやぐらを貸切にして開催される猪名川花火大会が観覧できるサービスがあります。
猪名川河川敷特設会場にて花火大会を観覧できるプランもあって、別会場で食事の後、招待席付近までバスで送迎してもらえたりもします。

猪名川花火大会のアクセス 行き方のおすすめ

猪名川花火大会のアクセスの方法としては、兵庫県川西市側、阪急電鉄宝塚線川西能勢口駅池田駅から徒歩10分、JR福知山線川西池田駅より徒歩15分、大阪府池田市側からだと、阪急電鉄宝塚線池田駅、より徒歩10分というアクセスの方法がおすすめになります。
交通規制は、6時から10時までとなっています。
堤防道路は、通行止めとなっていますので車で行く方は注意していかないといけません。
なるべく混雑を避けるためにも、公共交通機関で花火大会に行くことを
おすすめします。

猪名川花火大会の混雑回避方法

猪名川花火大会移動をする時の混雑を避ける方法としては、車が混雑しますので、電車やバスなどの公共交通機関を利用すると良いです。

猪名川花火大会の最寄り駅とアクセスや行き方、混雑回避の方法などをご紹介!!まとめ

猪名川花火大会の花火大会は、とても人気がある花火大会となっています。様々なアクセス方法もありますが、混雑を避ける方法は、交通機関を利用する事になります。

スポンサーリンク

コメントを残す