猪名川花火大会の屋台の時間や場所と行き方ほかおすすめスポットを紹介!!

猪名川花火大会は、大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で開催している花火大会で1948年の昭和時代から続いていて、約4000万発が猪名川河川敷で打ち上げられ、迫力満点の花火です。
スターマインや打ち上げ花火などがとても人気があります。
また、迫力のあるスターマインは猪名川花火大会の代名詞ともいわれています。
関西の方はみんなこの花火大会を楽しみしていて、毎年両岸合わせて10万人が足を運び美しく、色とりどりの花火が夜空に打ち上げられるのです。見応えが十分にあり、
第69回猪名川花火大会は大阪内2位の人気の高い花火大会です。
猪名川花火大会は例年8月の第三土曜日に開催されています。そして打ち上げの時間は17:20分から20:20分と、1時間大阪の夜空に花火が打ち上げられています。
猪名川花火大会についての説明をしていきます。

スポンサーリンク

猪名川花火大会の屋台の時間や場所

猪名川花火大会が、開催される場所としては、兵庫県川西市・大阪府池田市 猪名川河川敷です。
花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合には中止になります。
花火大会を実施するどうかは、当日のお昼の15:00までに兵庫県川西市と大阪府池田市の協議によって決定されるのです。

猪名川花火大会では例年、屋台が出店されています。猪名川花火大会の会場は猪名川運動公園のエリアとなっているのです。

しかし、屋台は場所が少し違います。池田市側 第1会場、池田市側 第2会場、川西市側 第1会場、川西市側 第2会場にそれぞれ出店されるのです。
屋台の種類が多いのは池田市側 第1会場と川西市側 第1会場となっています。
しかし、川西市側 第2会場は他の会場よりも屋台が少ないのす。

スポンサーリンク

屋台の数としては、川西市側が全体で150くらい、池田市側が全体で200店程度になっていて、屋台が多い場所は特に、川西市側、池田市側の共に第1会場になりますが、第1会場はどちらとも最寄り駅から近い事もあってか毎年とても混雑する傾向にあります。

小さな子どもを連れて花火大会に行く方は、なるべく混雑を避けたいという方も多くいると思います。
屋台を楽しみたいという方は、なるべくその自分の好きな屋台の場所に早めに時間に余裕をもっていくようにしましょう。
また、屋台の開く時間、閉まる時間は店舗によっても少しの異なりはあるのですが、だいたい目安としては、夕方 17時頃~21時30分頃くらいとなっているのです。

猪名川花火大会の行き方

猪名川花火大会の屋台村の行き方としては、自宅の最寄駅から電車に乗ります。JR川西池田駅か、阪急池田駅 、阪急川西能勢口駅で降り歩いて会場へ向かうという向かい方になります。

猪名川花火大会のおすすめスポット

猪名川花火大会は、屋台がとても人気があります。屋台を楽しんで少し移動してからも花火を楽しみたいという方も多いと思います。
移動してからも花火が良く見える場所としては、東久代運動公園になります。打ち上げ会場の南側に位置していて、離れているのですが花火はそれでもしっかりと見える場所なのです。

猪名川花火大会の屋台の時間や場所と行き方ほかおすすめスポットを紹介!!まとめ

猪名川花火大会の会場は、兵庫県川西市・大阪府池田市 猪名川河川敷で、屋台は池田市側で屋台を出していて、夕方5時から9時半までが営業しています。
会場から離れても花火が良く見える場所としては、東久代運動公園になります。

スポンサーリンク

コメントを残す