阿蘇高森鍋の平キャンプ村の料金や設備に温泉などの周辺情報と注意点 実際に行ってみた口コミや感想も!!

鍋の平キャンプ村は熊本県の阿蘇郡高森町にあり、標高もあるので夏でも比較的涼しく過ごすことができるキャンプ場です。

予約無しの車やバイクでの乗り入れが可能で料金も無料ではありませんがテント泊は格安で、知ってる限りではゴールデンウィークなどでも人でいっぱいになる事はないためゆったりと過ごせます。
しかし設備は2、3倍の宿泊料金を取るところに比べると、値段相応となっており、ある程度のキャンプ慣れした人向けの場所と言えるでしょう。

スポンサーリンク

阿蘇高森鍋の平キャンプ村の料金

鍋の平キャンプ村は券売機で券を購入して、それを管理人の方がほかのキャンプ場に比べ安い料金も魅力の一つです。
ここではそんなキャンプ場の料金について書いていきます。

キャンプ場の利用料金

入村料(大人)500円 (子供)200円 (日帰り4歳以上)200円

テント持ち込み(一泊)500円

タープ持ち込み(一泊)500円

電源(コンセント)500円

 

以上が主な利用料金でテント一泊なら車やバイクでの乗り入れもできて1000円で済むコストパフォーマンスの高いキャンプ場です。

 

ほかにも貸し出しテントや常設テント、薪や木炭という項目もありますが、常設テントは大分前に無くなったままです。もし貸し出しテントや木炭などを利用したいと思っているなら事前に一度電話を入れ確認してみるのがいいと思います

阿蘇高森鍋の平キャンプ村の設備

鍋の平キャンプ村は料金が安く金銭面に優しいキャンプ場ですが、「不自由を常と思わば〜」という文がキャンプ場内にあるとおり最低限の設備しか無く、キャンプに不慣れな人や設備の充実した場所でしかキャンプしたことがない人は不満を覚える可能性がある設備の内容になります。

主な設備の内容は

炊事場

トイレ
洋式もありますがいわゆるボットン便所で汚いわけではありませんが臭いや衛生面で気になる人がいるかもしれません。

電源

です。

 

 

コインシャワーもありますが、私がキャンプ場を利用した時は3回とも故障中になっていました。
(管理者の方が言うには使えないわけではなく、お金を入れても反応しないことがあるとの事です。)

お風呂に入りたければ近くに月廻り温泉という温泉がありますのでそちらに行くことになりますが、大人500円とキャンプ場代を安く済ませた割には高い出費とも思えてしまいます(それでも安いと思いますが)。

このように鍋の平キャンプ村は炊事場とトイレとキャンプするのに必要最低限のものは揃っていて、今は温泉に行かずとも「洗い流さないシャンプー」などを使うことである程度の清潔さは保てます。

 

 

しかし最も注意が必要なことは別にあります。
それは地面の状態で、山の緩やかな斜面にそのまま作られたキャンプ場のため、地面の凹凸や傾斜のきつい所があることです。

基本的にテント泊は快適性や浸水対策のために平坦で周囲より少し高い場所(最低限窪んでいない)にテントを設営するのが基本です。しかし鍋の平キャンプ村は完全な平地は少なく、傾斜している場所が多いのでテントを張る場所と設置の仕方に注意が必要です。

 

これらの条件でも不満なく過ごせるという人は、春から夏は豊かな草原や根子岳、秋は朝日に照らされたすすきを堪能する事も出来るとてもいい場所です。

阿蘇高森鍋の平キャンプ村の周辺情報と注意点

温泉

月廻り温泉
車で十分程度 朝10時~夜20時まで

スーパーやコンビニ

ローソン阿蘇高森店
キャンプ場から約7キロの所にあるローソンは車で20分もかからず行ける24時間営業のコンビニです。

ホームプラザナフコ高森店
食品や炭なども揃うおみせでとても便利。

ほっともっと高森店
テントのみを持ってのキャンプでも温かいお弁当が食べれる。
車やバイクでも20分かからず行ける。

スポンサーリンク

観光スポット

高森殿の杉
とても立派な巨木で辺りはほかとは違う空気に包まれているパワースポット。

月廻り公園
温泉やお食事処もある広い公園でゴーカートもある。

上色見熊野座神社
アニメに登場した事で有名になった神社です。
森の中の長い階段を上っていく内に異世界に連れて行かれそうという人もいる不思議な雰囲気のある場所です。

注意点
車やバイクなら距離的には遠くない位置に温泉やスーパーがありますが、住宅地の細い道を通りキャンプ場に行くことになるので、少し面倒ですので事前に買物をしておく方がいいでしょう。

鍋の平キャンプ村の感想と口コミ

私はこれを書いている時点で4回利用していますが不満を持ったことはありません。
しかし売店が無く近くのお店でもそれなりの距離があるため、立地が良く水洗のトイレの整ったキャンプ場に比べると子供連れやキャンプに不慣れな人(特にボットントイレを使ったことがない綺麗好きな人)には向かないかもしれません。

子供の世話などが必要なければ、車やバイクでのキャンプでは足りないものの買い出しは面倒といった程度です。もしロードバイクなどの自転車でのキャンプツーリングをされる場合は一度登った坂をもう一度登ることになりかなり辛いです。

テントを張る場所の選び方は別の記事に書いておきますが、ゴールデンウィークでも混雑することはありませんでしたので張り方に気をつければ問題なく快適に過ごせると思います。

複数人で行く場合は他の人にもトイレやシャワーの故障(近くの温泉を使うことは出来る)を伝えたうえでキャンプ場を利用するかを決めて、出来るだけ到着までの道で買い出しを済ませておくことをおすすめします。

鍋の平キャンプ村を写真で知ろう

撮った写真で載せていないものを貼っておきます。

  

  

  

鍋の平キャンプ村の料金や設備に温泉などの周辺情報と注意点を実際に行ってみた口コミや感想!!

これまでに書いた物を大体でまとめると

・鍋の平キャンプ村はテントだけで泊まるなら宿泊料は1000円と非常に安い。

・施設は一般的なオートキャンプ場より質素でシャワーも故障中。

・斜面や地面の凹凸が多くテント設営時には場所と設営の仕方を考える必要がある。

・車で20分圏内に温泉やスーパー、お弁当屋もあり一通りの物は揃う

となります。

多少の不便が気にならない方は山と草原に囲まれたゆったりとした時間を楽しむ事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す