おばあちゃんへの手作りお菓子で喜ぶ物やおすすめと人気で簡単に作れるもの

おばあちゃんはおじいちゃんよりも、おしゃべりな人が多いようです。

よく集まっておしゃべりをしながら、お茶を飲み、お菓子を食べたりしているのをよく見かけます。

あるときには、テレビのバラエティを見ながら大笑いしたり、ドラマを見て涙ぐんだりしながらテーブルの上のお菓子に手が伸びたりしています。

そんなおばあちゃんの大好きなお菓子を作ってあげられたらな、なんて思いませんか?

 

 

スポンサーリンク

おばあちゃんへ手作りお菓子で喜ぶものは何?

おばあちゃんは、どうも3つの物が大好きなようです。
その3つとは、「さつまいも・かぼちゃ・くり」です。
おじいちゃんにはこの3つを好きな人が少ないようです。
ほかには、小豆(あずき)も絶大な人気があります。

 

それと大事なことは、おばあちゃんになると歯が弱くなり固い物は食べにくくなったり、飲み込む喉の力も衰えて飲み込みにくくなったりします。
入れ歯も調子が悪いときはお煎餅の欠片が歯に挟まったりしますので、
あまり固い物や噛みにくい物、飲み込みにくい物は避けた方がいいと思います。
逆に柔らかい物、噛みやすい物、飲み込みやすい物は喜ばれると思います。

おばあちゃんへ手作りお菓子のおすすめは何がある?

おばあちゃんに贈る手作りのお菓子は、どんな物がいいのでしょう。
まず、「さつまいも・かぼちゃ・くり」から考えてみましょう。
さつまいもはスイートポテト、大学芋。かぼちゃはプリン、クッキー。
くりはくりようかん、マロングラッセ。
ほかにもさつまいもでできた芋ようかんもありますし、くりはお馴染みモンブランもあります。
でも、モンブランのような本格的なケーキよりも、どちらかというとおばあちゃんの子ども時代、昔からあった素朴なお菓子の方が、喜ばれるみたいです。

スポンサーリンク

 

今名前の挙がったお菓子の中では、大学芋やかぼちゃのプリン、芋ようかん、くりようかんの人気が高いようです。
食べやすさから考えてみても合格なので、人気が高い理由がわかります。
ようかんには小豆が入っていますよね。夏なら、水ようかんもよくおばあちゃんが買っていくのを見かけます。

おばあちゃんへ手作りお菓子 人気で簡単に作れる物

簡単に作れるお菓子はまず、ホットケーキです。
おばあちゃんの子どもの頃にもホットケーキはありました。
抹茶を混ぜたり、缶詰のゆで小豆をちょっと混ぜたりして焼けば、和風なホットケーキの出来上がりです。
ホットケーキの生地でマドレーヌやドーナツも作れます。
ドーナツは例えば小さく丸いコロコロ状にして、中にサイコロ大のさつまいも・かぼちゃ・くりを入れるアイディアもあります。
かぼちゃやさつまいもを薄く小さくカットして、油で揚げて砂糖水を煮詰めたものをかければ、かりんとう風のお菓子になります。ポイントは二度揚げすることです。
栗の甘露煮を潰して、小さめに薄く焼いたホットケーキの中に挟めば、栗のオムレツ風ケーキの誕生です。
おばあちゃんが近くに住んでいるのなら、目の前で作ってあげたり、出来たてを届けてあげたりしてもいいと思います。

おばあちゃんへの手作りお菓子で喜ぶ物やおすすめと人気で簡単に作れるものまとめ

「私が、作ったの!」と言ったときのおばあちゃんの顔は、きっと驚きと感心と喜びに満ちることでしょう。

おばあちゃんのことを思いながら作ったお菓子は、おばあちゃんを幸せな気持ちにさせてくれるはずです。

渡すだけでなく、一緒に食べて感想を言い合ったら、おばあちゃんもあなたもより楽しい時間を過ごせると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す