お弁当箱で子供用のおすすめと洗いやすいものや保温などの機能性は必要かを考えてみた

売り場にはさまざまな用途をもつお弁当箱が販売されています。

いざ購入しようとするとすぐには決められないことあるくらい種類は豊富です。

毎日使うものなので、使いやすさと安全面を中心に選ぶとよいでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

お弁当箱で子供におすすめの機能

子供の噛む力、咀嚼する能力は大人に比べて低いので柔らかくジューシーな食べ物のほうが望ましいです。
必然的に汁気が多い献立になりますが、それを持ち歩くためには高い密閉性が必要となります。

 

 

汁漏れ防止のためには、ゴムのパッキングや蓋を押さえる止め具がついている弁当箱がよいでしょう。
頑丈なお弁当箱は止め具がきつい場合があるので、子供が開けられるものを選びます。
指をかける部分がある程度大きいものは、止め具の外しやすさも考えられている場合が多いです。

お弁当箱で子供でも洗いやすいものは?

子供がお弁当箱を自分で洗うことを想定しているならば、簡単かつ安全に洗える品を選んだ方がよいです。
油が染み込むような素材を使用したものや、熱湯消毒が必要になるようなものは当然避けるべきでしょう。

スポンサーリンク

 

 

ゴムパッキングは以外に外しづらいものが多いので、子供が自分ひとりで外せるか試してから購入した方がよいでしょう。
ゴムパッキングをはめ込むための溝も洗いにくいことも多少問題ではあります。
凹凸が多い弁当箱は油の付着を落とし難いので、なるべくシンプルな形状のお弁当箱が理想的です。

お弁当箱 子供に保温などの機能性は必要?選び方は?

暖かい食事は美味しいですが、保温機能をもつお弁当箱は必然的に重くかさばるものです。
子供が持ち歩くのには適していないので、余程の事情が無い限りは候補に入れることはありません。
熱をもったままだとやけどするおそれもあるので特に注意が必要です。

 

 

逆に保冷機能を持たせることで食品の鮮度を維持するお弁当箱もあります。
こちらはそれほど重くもかさ張ることもないので、普通に子供が持ち歩くことも出来ます。
ひんやり冷えている程度なので、長く触れ続けなければ低温やけどの心配もありません。

お弁当箱で子供用のおすすめと洗いやすいものや保温などの機能性は必要かを考えてみたまとめ

子供のお弁当箱を購入するとき注目すべきは、「高い密閉性」「洗いやすさ」「保冷機能」です。

密閉性と洗いやすさは共存し難い機能なので、密閉性を求めるならば洗いやすさをあきらめるのも選択肢のひとつです。

スポンサーリンク

コメントを残す