ベビーカーの違いや選び方ほか段差に強い電車に乗りやすい物はどんなものがあるかをご紹介!!

ベビーカーと言っても実は種類は色々とあります。

大きな分け方ではa型・b型というタイプがあり、用途や月齢でも使い方は変わってきます。

段差が多い道をよく通るのであれば段差に強いものを選ぶ方が良いですし、電車での移動に便利な種類は何かも気になります。

ベビーカーの種類の違いを紹介いたしますので、その違いを把握することで選び方の参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

ベビーカーの違いはどんな物があるの?

ベビーカーはまず大枠でa型とb型に分けることができます。

 

a型は赤ちゃんが寝たまま乗せることができるフラット式になっているので、生後1か月くらいから使用することができます。
比較的大型で頑丈な作りとなっていますので振動などにも強いというメリットもありますが、それ故にやや重く収納場所も取るというデメリットもあります。やや値も張ります。

 

対するb型はおすわりができるようになった生後7か月くらいから利用できるベビーカーです。
コンパクトなサイズとなりますので小回りも利きやすく収納場所もそれほど取りません。
しかし対象年齢が2歳までというものも多いので、長期的に使用するのであれば慎重に検討する必要があります。

 

ab兼用型もあります。
シートの形状を変えることができますので生後2カ月くらいからであれば使用することができますが、a型に比べるとやや頑丈さには欠ける部分はありますが、b型に近い軽さのものもありますので使い勝手は良くなっています。

 

その他では3輪バギーなどの海外製品もあります。
とてもオシャレでカッコイイのですが重たかったり折りたたみが難しかったりするので購入前には注意が必要です。
軽さという点ではバギーがお勧めです。
コンパクトに折りたためますので頻繁に人ごみに行かなければならない場合などは片手でも扱うことが可能ですので大変便利です。

スポンサーリンク

ベビーカーの選び方 街中編

街中で使用するのであればある程度柔軟性のあるものを選ぶ方が良いでしょう。
広くそれほど混んでいない場所であれば大型でも問題なく使用することができますが、少しでも混んでいると他の人の邪魔になってしまう場合があります。
時には折りたたんでおかなければならないということも考えると、乗っていない時の使い勝手の良さという部分はポイントになってくるでしょう。

 

そういった意味ではb型やバギータイプの比較的軽いものを選ぶ方が無難です。
全ての人がベビーカーに対して好意的に見てくれるわけではありませんので、周囲に配慮できる使い方ができるものの方が街中での使用には適していると思います。

ベビーカーで段差に強い電車に乗りやすい物

段差の多いところで使用するのであれば子どもの快適性を確保するためにも頑丈なa型やab兼用がよろしいでしょう。
コンパクトタイプのものではどうしても振動が直接乗っている子どもに伝わってしまいますので可哀想です。
もし寝ていたとしたらその振動で起きてしまいかねません。

 

ただ大きな段差が多いのであれば持ちあげやすい軽いベビーカーの方が便利だという考え方もあります。
デコボコ道ではない限りはバギーなどの軽いものの方が良いかもしれません。

 

また、街中の利用でも同様ですが電車の利用時は折りたためるかどうかは重要なポイントです。
非常に空いている電車にしか乗らないのであれば振動が伝わらないタイプの方が良いでしょうが、実際は周囲に配慮出来た方が良いと思います。
駅でもエレベーターの台数が少なかったりホームが狭かったりとベビーカーがあることが逆に不便になってしまうことがありますのですぐに仕舞える方が何かと良いと思います。

ベビーカーの違いや選び方ほか段差に強い電車に乗りやすい物はどんなものがあるかをご紹介!!まとめ

ベビーカーの種類はいくつかありますので、使用開始の時期や使用シーンによって考える必要があります。

早い時期から長期的に使うのであれば大型が快適面でもお勧めですし、人混みでよく使うならコンパクトな方がよろしいでしょう。

自分の使いやすさと子どもにとっての安全性快適性も検証しつつ、周囲にも配慮できるベビーカーを選ぶことが街中ので利用を考えた時には大切なことでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す