熊本県阿蘇高森町や南阿蘇を自転車ツーリング 観光スポットも紹介!! ロードバイクを車に積んで気軽に自転車旅気分!!

ロードバイクやクロスバイクに乗っていると、段々と体力がついてきてペダリングも上手くなり、同じペースで長い時間乗っても疲れづらくなります。
そうなると段々と遠くに行きたくなって来ますが、時間や体力面の不安から躊躇する人も多いと思います。

そんな時はロードバイクを車に積んで目的地周辺まで移動する車載が、帰りの途中で疲れ果ててしまうということもなくおすすめです。

今回はロードバイクを車に積んで阿蘇の高森町にキャンプに行き、高森のスポットと南阿蘇の水源をサイクリングで回った時のことを書いていきます。

スポンサーリンク

ロードバイクを車に積んでの移動

軽の中でも小さい車の後部座席を前に倒しフラットにして助手席を目一杯前へずらして、フロントタイヤを外すとなんとかロードバイクが詰め込めたので、キャンプ用品も詰め込み出発。

 

ロードバイクのフロントタイヤを外したので荷台に隙間が空き、固定をしていなかったのもあってコーナーなどで少しロードが動いた気配がありましたが問題なく阿蘇高森のキャンプ場「鍋野平キャンプ村」に到着してまずはテントの設営をしてゆったり。

ロードバイクで阿蘇の観光地巡り

上色見熊野神社

キャンプ場から出てしばらくは下りで楽ですが国道265号線にに出た後は緩やかな坂が続きます。

連休ということもあってか、駐車場は車でいっぱいで、自転車やバイクを止める場所はなく人もいっぱいだったのでUターン。高森殿の杉を目指す。

上色見熊野神社への南阿蘇方面からの自転車でのアクセス
南阿蘇からは上り坂が続くので普段からロードバイクなど自転車に乗る習慣がない人には少しつらいかもしれません。

 

高森殿の杉

国道265号線を戻り月廻り公園公園を通って、信号のある交差点「高森町村山」のすぐ手前で左の脇道に入りそこを左折した後は直進。
直ぐに坂道が現れてだんだん急になってくる。
駐車場の近くは歩くのもきついほどの傾斜で、最後は諦めて歩いて坂を上った。

高森殿の杉は入口から私有地に入ったところにあり、しばらく徒歩で斜面を登っていくことになったため坂をこいだ後の足には少し辛い。お年寄りも少しきつそうにしながら上っていた。

写真がうまく撮れませんでしたが、杉のあたりは空気が澄んでいて神社などと似た雰囲気があります。

高森殿の杉の自転車でのアクセス
少し入口が見つけづらいのと、何より坂がきつすぎた。(次に来るときはバイクか車かな)

 

高森湧水トンネル

高森殿の杉からは下りと平坦が多く楽に到着することができた。
高森湧水トンネルは阿蘇の観光地として知られていて、連休中だったこともあり多くの家族連れがいたのでスルーして次の目的地へ。

高森湧水トンネルへの自転車でのアクセス
周辺は平坦な道が多くサイクリングにはいい道ですが、長期連休中は阿蘇の観光地として知られているため車通りが普段より多く、気を遣うことが多くなります。

途中愛馬竜風の墓にも行きましたが一本の碑があるだけでしたので写真を置くだけにしておきます。

スポンサーリンク

 

白川水源

高森湧水トンネルをスルーして白川水源へ。
連休中は駐車場もいっぱいで車で来ている人は止める場所を探すので大変そう。
ロードバイクなどの自転車やバイクは駐車場の端になんとか止められた。

入場料を払えば自前のボトルに水がくめ、水くみ用のボトルも売っているので、ボトルがなくても大丈夫。(ロードバイクでは持ち運びが大変ですが)

白川水源の自転車でのアクセス
道は比較的平坦ですが、道幅が狭く車が追い越しづらいためたまに抜くことができずに後ろをゆっくりついてくる車があります。(高齢者が多いです)
そういう場合は安全のためにも一時横道によけるのが良いでしょう。

 

吉田城跡

明神池名水公園を見過ごし、吉田城御献上汲場を見つけられずに吉田城跡へ。
観光地として整備されてるわけでもなく、ひっそりと碑があり石垣が名残としてある程度。
サイクリング時のアクセントとして一つの目的地にするにはいいかも。

 

小池水源

吉田城跡を下った先にある。こちらも観光地としての整備は最小限。
それ故に連休中もひっそりとした静けさがある。

 

池の川水源

こちらも小池水源と同じく人は少ないが、比べると広めの駐車場があり車でのアクセスはよさそう。

 

鍋の平キャンプ場への帰り道

手作り食の店しもだを通り、左手に木造のローソンが見えるところで右折しキャンプ場を目指す。
帰り道は鍋の平キャンプ村が近くなるにつれ坂道の頻度と勾配もきつさが増してきて、最後は力(気力?)果て最後の坂は歩いて返りました。

食事処の紹介

手作り食の店しもだ
単品ではなくコース料理になっていて、メインディッシュを選ぶ形になります。
どのコースも美味しく量も十分で、料金も料理を考えると非常に安くなっています。
とても良いお店だと思うので紹介してみました。

 

高森田楽村

串に刺したこんにゃくや里芋などに調味料を配合した味噌を塗り付けて焼いて食べる料理が楽しめる場所で、囲炉裏を囲んでの食事という普段できない体験をすることができるのも人気の秘密。

熊本県阿蘇高森町や南阿蘇を自転車ツーリング 観光スポットも紹介!! ロードバイクを車に積んで気軽に自転車旅気分!!まとめ

熊本の南阿蘇村と高森町でのサイクリングキャンプに行ったときのことを書いてきました。
ロードバイクでサイクリングをして感じたのは、自然に囲まれた中で走る気持ちよさと山沿いという立地が生み出す坂道の多さです。
下りも上りも多いので移動距離に比べて体力の消耗が激しいですので、

普段遠出をしない方がサイクリングに行かれる時は、しっかりとした準備と水の確保をして行かれることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す